外国語学部
日本語・国際コミュニケーション専攻

学部・専攻の特長と強み

  • 多様性(diversity)
    重視したメンバー構成

    POINT.1
    学生の文化的背景の多様性を考慮した入試選抜を実施
    POINT.2
    漢字圏学生と非漢字圏学生を、それぞれ別の入試基準で合否判定している(様々な背景、様々な考え方のメンバーの中で学ぶことを重視!)
    POINT.3
    背景の違いを考慮した多様な履修要件の設定
    POINT.4
    留学生と日本人学生の合同授業を実施(日本人と留学生が2:1~ 3:1 くらいの比率で一学年を構成)

    少人数の専攻編成
    顔の分かる行き届いた指導体制に

    専攻の運営スタッフ教員全員が、専攻に所属するほぼ全ての留学生の学習状況や人となりを把握しています。
    多様性のある学生
  • 日本語運用技術
    少人数教育で徹底的に学ぶ

    • 大学生活や日本の実社会で役に立つ実用的な言語運用能力を身に付け、日本での就職を目指す!
    • 1年~3年次まで継続的(けいぞくてき)に、プレゼンテーションや論述法、読解技術、ノート・テイキング…などを集中的に学び、〝使える日本語〟の技術を徹底的に身に付けていきます。また、3年次から履修する「ビジネス・コミュニケーション上級演習」では、就職時に役立つ実用日本語技術を学ぶことができます。

    日本語・日本文化に関する
    専門知識
    を深く学ぶ

    • 日本語教師にもなれる能力を身に付けた〝日本語・日本文化のスペシャリスト〟を目指す!
    • 専攻専門科目の「日本語・日本文化科目群」にて、日本語学・日本語教育や日本の文化・社会について学びます。こうした科目の履修を通じて、日本人の社会的・文化的背景や、モノの考え方などを学ぶことができます。
      本専攻の卒業生には、帰国後、大学をはじめ各種の学校で教員として日本語を教えている方もいます。

  • 日本語力に応じた履修コースと
    手厚いサポート体制

    • 「多文化(たぶんか)共生(きょうせい)」を重要なコンセプトとして掲(かか)げる本専攻では、言語的・文化的背景の異なる様々な留学生を積極的に受け入れています。また、日本語教育センターと協力して、入学時に日本語能力試験を実施し、その結果をもとに、各自の日本語力に応じた履修コースで学べるため、無理なく効果的に学習をすすめることができます。

    日本語だけでなく英語も学べる
    カリキュラム設計

    • 近年、〝国際共通語〟として英語の重要性が高まり、英語を学びたいと希望する留学生が多くなっています。本専攻では、こうしたニーズに応えて、留学生も英語の能力別クラスを受講することができるようにカリキュラム設計されています。

  • 大学生活を通じての
    日本人学生との異文化交流

    • 本専攻の最大の特徴は、日本人学生と外国人留学生が共に大学生活を過ごすという点です。「異文化コミュニケーション科目」を日本人学生と一緒に履修し、多文化共生の方法を学びます。授業以外でも、キャンパスのいたる所で、日本人学生と留学生が互いに語り合い、同じ時間を過ごすことで〝真の仲間〟としての関係が作られ、「外国」が日常的な異文化の体験の中で身についたものになります。

カリキュラム・資格支援

カリキュラム

日本語・国際コミュニケーション専攻の外国人留学生は、入学時の日本語力に応じて、次の3つの履修コースが設けられています。これに従って履修を続けることで、入学者全員が大学4年間で十分な力を身につけて卒業できることを保証します。

Sコース
1年次から日本人学生とほぼ同じ履修コースで、専門科目や外国語科目などの履修を行う。
Aコース
1年次は、毎日1コマを基本とする日本語科目(「日本語A群科目」)の履修と、一部専門科目を履修。2年次以降は、日本人学生とほぼ同じ科目の履修を行う。1年次の外国語科目の履修は、日本語A群科目を優先して行わなければならない(2年次以降は各自自由に選択可能)。
Bコース
1年次は、週10コマの日本語科目(「日本語B群科目」)の履修にほぼ専念し、2年次以降から専門科目等の履修を開始する。3年次進級条件の適用を除外し、毎学期ごとに履修指導を行いながら、必要となる日本語力を身につけて卒業していきます。

どのコースで学修を開始したとしても、基本的には2年次から、ほぼ全員が日本人学生と一緒に科目履修を行うことになる。このような体制をとっていることで、3・4年次のゼミでの活動にも参加することができている。
1年次にこうした基本的日本語スキルを身に付けた上に、「日本語技術演習」を履修(2年間で3~4科目)。
社会で実際に使われる日本語の実践的技術を習得していく。

資格支援

JIC専攻外国人留学生学力(N1)保証制度
留学生の日本語力の保証制度。JICを卒業する外国人留学生の日本語力としてN1相当の力を保証している。

・1 年次基礎演習「日本語演習Ⅰ/Ⅱ」(留学生必修)で、N1(日本語能力試験)に合格していない学生は検定対策を行い、受検。検定料を補助する制度もある。
・N1に合格している学生には、日本語技術演習等でより実践的な日本語運用技術を日本人学生と一緒に身に付けてもらうとともに、BJT(ビジネス日本語能力テスト)の検定対策授業を履修し受験することも奨励(検定料補助の制度あり)。(受検者には、J1+やJ1 といったハイグレードを実際に獲得している者が毎年います。)

日本語教員養成課程(主専攻)修了証明書

国家資格ではありませんが、文部科学省の定める基準に基づいた所定の科目の単位を修得することにより、麗澤大学から証明書が発行されます。

関連授業・支援講座などを開講している主な資格・試験
  • TOEIC®
  • TOEFL®
  • 実用英語検定試験
  • CEFR(ヨーロッパ共通参照枠)A1・2 対応 Start Deutsch 1・2
  • CEFR B1対応 ドイツ語基礎統一試験(B1)
  • ドイツ語技能検定試験(独検)
  • 漢語水平考試(HSK)
  • 中国語検定試験
  • 中国語コミュニケーション能力検定(TECC)
  • 日本語教育能力検定試験
  • 国家・地方公務員試験
  • レクリエーション・インストラクター
  • BJTビジネス日本語能力テスト
  • 日商簿記検定試験3級
  • ファイナンシャル·プランニング技能士3~2級
  • ITパスポート

在校生・卒業生インタビュー

JIC就職支援プログラム
やりたいことに挑戦できる
環境がここにはあります。
  • 鄭根英
  • (韓国からの留学生/2015年度卒/東京城北日本語学院出身)
    JIC専攻からの推薦制度を利用。入社式で新入社員を代表してインタビューを受けました!
    アジア戦略に力を入れるミニストップ(株)入社

  • 朴紅梅
  • (中国からの留学生/2015年度卒/CLI日本語学校出身)
    TOEICとBJTのハイスコアを“武器”に見事就職!日英中韓4か国語を操る語学力を身に付けて、世界の舞台での活躍を目指す。
    日本の包装用品業界をリードする株式会社シモジマ入社

鄭根英さんと朴紅梅さん

JICには、専攻独自に運営している「留学生就職支援プログラム」があります。これを利用することで、日本の就職活動とはどんな制度なのかを学ぶことが出来ました。

私の国には「エントリーシート」とかないので、「何これー!?履歴書以外にまだ必要なの!?」(笑)と戸惑いました。説明会に行かないとエントリー出来ないことも衝撃でした。

一番良かったのは、BJTビジネス日本語能カテスト対策講座です。この講座のおかげで高得点を取ることが出来、就職へとつながりました。
(鄭根英さんはJ1判定。朴紅梅さんJ1+という成績を取ることが出来ました。スゴイ!)

この制度を通じて、大学の就職支援担当の職員さんとお話しする機会もでき、結果的に就職にもつながりました。

参加してほんとによかったです。

鄭根英さんと朴紅梅さん