リーズ大学 [イギリス]

The Language centre, University of Leeds

2010071410523884_0

大学案内

所在地

The language centre, University of Leeds, Leeds, LS2 9JT, U.K.
リーズ大学ホームページ

主な対象学部

外国語学部

沿革

リーズ大学は19世紀後半から20世紀初頭にかけて産業や工業の近代化を支えるために英国の主要都市に創設された一連の大学の1つ。19世紀に創設されたYorkshireCollege of science and TechnologyとLeeds Medical Schoolの2校が合併し1904年に誕生。校舎に「赤いレンガ」が使用されたことから、マンチェスター大学やシェフィールド大学と共にRed Bricksの愛称で知られる。大学は質の高い教育を行っていることで、国際的に評価が高く、留学生に対しての配慮が行き届いている。現在100カ国以上から約4,000人の留学生がリーズ大学で学ぶ。

特色

リーズ大学ランゲージセンター(LC)のプログラムは、ブリティッシュ・カウンシルのAccreditation UKによって高品質のEFL(English as a foreign language)として認められている。LCは語学専攻ではない学生に外国語の授業を実施し、かつ英語を母語としない者向けのプログラムを提供。設備は大規模、高品質であり、技術的なリソースも多く揃っている。麗澤生が受けるジェネラル・イングリッシュ・プログラムは麗澤以外の学生も受け入れ、多様な国籍の学生が最大16名のクラスで学ぶ。

宿泊

ホームステイまたは大学宿舎
(最初の6週間はホームステイになる予定。その後は希望により大学宿舎も可。)

生活

リーズ市は、ロンドンとエジンバラの中間(どちらも列車で約二時間)にある国際的な都市。街の中心から車で30分の範囲に約220万人が住み、学生の街としても高く評価されている。大学は「北のナイツブリッジ」と呼ばれるショッピング・モールから歩いて十分ほど、リーズ駅も徒歩圏内。

条件

原則としてTOEFL PBT/ITP 400以上またはTOEIC450以上
日本語・日本文化専攻の場合3年生以上であること、後期専門課程が履修できること。他専攻の場合それぞれの専攻の規定による。

留学時期

日本語・日本文化専攻、英語コミュニケーション・英語英米文化専攻:3年次以上第1学期

留学体験談

「リーズ大学留学中」

福田 有美  外国語学部英語・英米文化専攻

私は今、イギリスのリーズ大学というところに留学しています。だんだん暖かくなってきましたが、夜や風が強い日は非常に寒いのでまだ厚手の上着が必要です。
リーズ大学での授業は、1クラスだいたい10人くらいで構成されていて、プレースメントテストでクラス分けされます。私のクラスは、私以外はなんと全員サウジアラビア人で最初はどうしていいか分かりませんでした。多分彼らの母国語の発音のせいだと思いますが、rの発音の時にかなり舌を巻くのでかなり聞き取りづらかったです。だから最初は何について話しているかも分からないことがありました。今General Englishコースはサウジアラビア人が一番多くて、その他の国は日本、中国、タイ、チリの人たちがいます。
授業は、文法を中心にwritingやreading、speakingもあります。先生にもよりますが、宿題はほぼ毎日出ます。1タームが終わって、先生と生徒全員でお昼を食べに行く機会があったのですが、その後残った私たちと先生数名でパブに飲みに行きました。日本語を話せる先生もいらっしゃるので、困ったときは助けてくれます。
学校の施設のセルフアクセスというところでは、カウンターで本やDVDが借りられます。奥にはパソコン室があって、そこで自分の勉強をしたり、DVDを見たりすることができます。さらに、Language Exchangeという制度があって、そこに登録すると、日本語を勉強している学生と交流することができます。日本語を教えたり英語を教えてもらったり、一緒に遊びに行くこともできます。友達をつくる良い機会だと思います。日本語でこう言いたい時に英語でどう言えば良いのか分からないという時にすぐ聞けるので、Exchangeパートナーが1人いるとすごく勉強になります。そこから友達の輪が広がったりするので楽しいです。いろいろな国の人がそこに登録しているので、イギリス人に限らず幅広く友達になれます。
リーズ大学には大きな図書館が二つあって、本はかなり揃えられています。勉強はもちろん、DVDやCDも借りられるようです。休みの日もだいたい開いているので便利です。パソコン室も至る所にあって、すべて日本語入力できるので使用する機会は多いと思います。
学校の施設には他にもユニオンというところがあって、そこには学食、コンビニ、めがね屋さん、本屋さん、美容室、パブ、カフェ、ATMなどが入っていてとても便利です。時々ライブやコンサートも行われているみたいです。スポーツセンターもあって誰でも4ポンドで入ることができます。そこではバドミントンやバスケットなどをすることができます。こういうアクティビティーを通して交流することもできます。