セイラム州立大学 [アメリカ]

Salem State University09-10_011

 

大学案内

主な対象学部

 外国語学部

所在地

352 Lafayette St. Salem, MA 01970-5353, U.S.A.
セイラム州立大学ホームページ

沿革

1854年に師範学校として設立され、1932年にセイラム教育大学となり、1960年にセイラム州立大学としてカリキュラムを充実させてきた。
セイラムはボストンの北33キロにあり、ニューイングランド文学とアメリカ史の原点ともいうべき場所で、アメリカの歴史と文学を居ながらにして学ぶことができる。学生数は学部が約7,300名、大学院が約2,600名。

特色

本学留学生用のプログラムではなく、セイラム州立大学の正規の授業を受ける。したがって、留学生それぞれによって履修科目、取得単位認定科目が異なる。
アメリカの大学で基本となっている教養学部(Liberal Arts)を中心とした州立大学で、英語、英文学をはじめ、心理、社会、歴史などの人文科学から社会科学の科目や、コンピュータやマーケティングといったより応用的な科目が用意されている。

宿泊

キャンパス内に寮があり、本学からの留学生はサウスキャンパスにあるアパート形式の寮(ベイツ・タウンハウス)に入る。セイラム州立大学の学生と二人部屋で、その他にハウスメイトが5~6名程いる。

生活

ボストンからバスで約50分の位置にあり、非常に治安がよい。
寮から歩いてすぐに、レストラン、スーパーなどがあり、毎日の生活に便利。
休暇中のホストファミリー紹介制度がある。

条件

TOEFL ITP500点(iBT61点)以上、あるいはTOEIC585点以上が望ましい。

留学時期

2年次または3年次第2学期から1年間。

留学体験談

留学生活で得たもの

外国語学部英語学科 2008年留学 日吉彩

私は2008年8月から2009年7月までの約11カ月間、マサチューセッツにあるセイラム州立大学に留学しました。振り返れば、この11カ月間で、200人以上もの人と出会い、日本での生活では考えられないほど多くの人との出会いがありました。本当に出会いに恵まれた一年でした。
長期留学は高校時代からの夢でしたが、正直アメリカで生活することにとても不安を感じていました。しかし、多人種国家のアメリカでは、自分の目で見て、経験するという刺激のある毎日を送れて、とてもいい経験になりました。留学前には「アメリカを肌で感じる」という言葉は漠然としていましたが、留学を振り返り、この言葉といつも隣あわせの毎日を送っていたように思います。そして一年と時間が限られていたため、焦りもありましたが、自分のしたい事、できることは何でも経験し一年をあっという間に駆け抜けてきた気がします。
私にとって、この留学で最も大きな経験となったのは、寮生活と正規の授業です。アメリカの学生との共同生活は、私にとって何よりの経験でした。寮生活では、ルームメイトに恵まれ、授業が終わり寮に帰ると、夜は一緒にテレビを見たり、宿題をやったり、パーティーに連れて行ってもらったり、楽しい毎日でした。そして寮から一歩出れば、他の学生がたくさん歩いていて、交流できる環境が常にあったことは本当に良かったです。そのおかげで、ルームメイト以外のアメリカ人や留学生の友達もたくさんできました。
アメリカ生活では、楽しいことだけでなく、問題や苦労もたくさんありました。正規の授業では、アメリカ人学生の中で留学生一人のクラスも多々あり、レベルの高さにとても苦労しましたが、アメリカと日本の授業風景の違いに圧倒されて、刺激のある、とてもいい環境で勉強することができました。
そして、もうひとつ、このアメリカ生活で得た大きなものは、留学生の友達です。私は、夏休みに入ってから、2カ月帰国を伸ばし、サマーセッションのクラスをとって帰国しました。その際に、中国人の友達3人と家を借りてルームシェアをしながら2カ月間生活しました。母国語ではない英語で毎日会話をし、時にはお互いの言語を教えあい、夜は一緒に料理を作ったり、みんなで勉強に取り組んだりして、毎日夜中まで笑いの絶えない会話が続き本当に楽しい2カ月間でした。楽しいことも、辛いことも分かち合えて、信頼しあえる一生付き合っていける友達ができたこと、そして世界中に友達ができたことは私にとって本当にこの留学での大きな収穫でした。
普段の日本の生活では考えられないほど刺激の多い毎日を、11カ月間送れたことは私の財産になりました。アメリカでは、自分の行動力が試されました。最後まで粘ることの大切さ、積極性が自分の可能性を広げられるということ、そして国境を越えた友達との交流の素晴らしさなど、本当に学ぶことの多い11カ月間でした。留学を経験させてくれた両親、いつも支えてくれた家族や友達、先生に感謝の気持ちでいっぱいです。この経験を忘れずに、そしてこの出会いを大切に、これからの人生に活かしていきたいです。