国際交流センターの特徴

日本から海外へ! 海外留学のサポートをします。

留学したいけど、いつ行けるの? どの大学へ行くのがいいの? こんな時には国際交流センターへGO!
国際交流センターは海外の大学と提携を結び、留学プログラムの構築へと繋げています。そして留学を終えた学生からの体験談を活かし、より良いプログラムになるように努めています。また、留学プログラムの説明会を開催したり、どのプログラムが最適かを一緒に考えアドバイスしたりします。更に、奨学金の相談や、注意すべきことのセミナーの実施など、留学のサポートをしています。

海外から日本へ! 外国人留学生のサポートをします。

日本語が未だ上手に話せないけど大丈夫? 大丈夫です!
国際交流センターでは日本語でのコミュニケーションが難しい学生でも英語、中国語、韓国語で相談することができます。また、日本での生活にいち早く慣れることができるよう新入留学生を歓迎する懇親会、日帰りバス旅行、餅つき大会などのイベントを開催したり、地域の生徒や子供との交流会を紹介したりするなど、様々なサポートをしています。

センター長 メッセージ

麗澤大学は海外留学・海外研修の制度が整っており、毎年多くの学生が1学期以上の長期留学、春期・夏期の短期語学研修、海外ボランティアなどに参加しています。国際交流センターはこうした留学や海外研修に参加する学生の支援をしています。

皆さんも留学や海外研修に参加することを夢見ていることでしょう。ただし、一つ、心に止めておいて頂きたいことがあります。それは、留学や海外研修への参加は、麗澤大学における4年間の、そして、皆さんの人生における成長過程の一つのステップにすぎないということです。

「麗澤大学を選んだのは、留学制度が整っているからです」とか、「麗澤大学に入学したのは、留学をするためです」と言う学生がいます。それはそれで結構なのですが、実は私たちはそうした学生のことがちょっと心配になるのです。なぜならば、そうした思いの強い学生は、留学を終えて帰国すると、麗澤大学に入学した「目的」を達成したかのように感じてしまい、その後の大学生活の目的を見失ってしまうことがあるからです。留学や海外研修への参加は、皆さんの大学生活の一コマにすぎません。それによって皆さんの学生生活や学びの目標が達成されるというわけではないのです。

留学や海外研修は、語学力のみならず、異文化に対応する大きな自信と、比較の視点、世界に対するより広い視野を得ることのできる貴重な機会です。国際交流センターのスタッフは、多くの学生に、留学や海外研修への参加を一つの契機として、人間的・学問的に大きく成長して頂きたいと願っています。
国際交流センター
センター長 犬飼孝夫

麗澤大学 国際交流センター

〒277-8686 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1
TEL:04-7173-3690
FAX:04-7173-3953
Email:RIEC(@)reitaku-u.ac.jp