1. ホーム>
  2. 未分類>
  3. 新潟県中越沖地震について

2007/07/19

新潟県中越沖地震について

先週の月曜日(7月16日)、9時36分上毛高原発の上越新幹線に乗り、上野へ戻る途中の出来事だった。10時を少し過ぎた頃、列車が急に減速し停車し た。しばらくして地震が発生して停電したとの車内アナウンスが流れた。あのとき、新潟県中越沖地震がかくも甚大な被害をもたらしているとは夢にも思わな かった。

麗澤大学には現在、新潟県出身者が29名、長野県北部出身者が11名在籍している。何より気になったのは、学生のご家族やご親 戚の安否のことだった。早速、学生課に確認したところ、地震発生を受けて、電話などで学生のご実家などと連絡を取ったという。学生課の話によると、被害状 況については、壁にひびが入ったなどの被害報告はあったものの、幸いなことに、大事にはいたらなかったようだ。

しかし、本学には新潟や長野出身の卒業生も多いので、被害にあわれた方もいるかもしれない。麗澤関係者に限らず、このたびの「新潟県中越沖地震」により、被災された方々には心よりお見舞いを申し上げたい。

本 学では、今回の大規模災害によって災害救助法の適用を受けた地域の受験生に対して、特別措置を採ることにしている。具体的には、①入学検定料の免除、②調 査書など必要書類の事後提出の許可、③受験時の宿泊施設の無料提供、④入学金の免除、⑤入学年度第1学期の授業料免除、⑥学生寮への優先的入寮、⑦入学年 度第1学期分の寮費免除および入寮費の半額免除。また、本学在学生についても、該当者に対しては、①次学期の授業料免除、②次学期の寮費免除(寮生対象) の特別措置を実施する。

被災された方はもとより、災害地の方々が、復旧に向けて懸命の取り組みをされていることを思うと、一日も早く平穏な生活が訪れることを心から祈らずにはいられない。