1. ホーム>
  2. 未分類>
  3. 麗澤大学の提携校、淡江大学訪問

2008/02/28

麗澤大学の提携校、淡江大学訪問

去る2月19日、台湾にある本学の提携校の淡江大学を、外国語学部の松田徹准教授、国際交流課の中島淑子主管とともに表敬訪問した。聞くところによると、 台湾ではそれまで一か月ほど雨が降り続いていたらしいが、私たちが現地へ到着してからは雨もやみ、時折、雲のすきまから青空が垣間見えるほど天候に恵まれ た。

麗澤大学と淡江大学との交換留学には歴史と伝統があり、1981年の夏休みを利用した相互研修にまで遡る。その後、翌年の 1982年に「学術交流協定」を締結、1985年には、第一次麗澤大学派遣留学生30名が淡江大学に半年間留学し、本格的な留学プログラムがスタートし た。1989年には、本学からの留学生を学習と生活面からサポートするため、淡江大学キャンパス内に「麗澤学舎」という学生寮を建設した。麗澤学舎は、現 在でも、麗澤大学からの留学生、淡江大学生、世界からの留学生が共同生活をする教育寮として役立っている。1981年から2007年までに麗澤大学から淡 江大学に留学した学生数は千名を超え(1082名)、淡江大学から麗澤が受け入れた学生数は354名(1993年から2007年まで)を数える。まさに数 の上でも、歴史の上でも、淡江大学は麗澤大学ともっとも関係の深い提携校の一つと言えよう。

大学に着くとまず私たち一行と淡江大学の 関係者との間で、ブリーフィングと意見交換が行なわれた。淡江大学からは、張家宜校長(学長)を始め、国際事務副校長・国際研究学院院長の載萬欽博士、外 語學院院長の宋美迺鵠試m、日文系主任の彭春陽教授、中国文学系主任の崔成宗博士、国際交流證ィ国際教育處主任の陳惠美博士が参加された。日本語による淡江大 学の紹介ビデオを見た後、和やかで友好的な雰囲気の中、両校のこれまでの提携校としての交流実績を評価するとともに、これからもなお一層両校の関係を発展 させることで意見の一致を見た。最後に張校長より、淡江大学では海外の留学提携校のランク付けを行っているが、本学はそのトップの評価を受けていると聞い て、嬉しく思った。

麗澤大学からは、平成20年度から学部改組により新しいカリキュラムがスタートすること、それに伴い中国語特修ク ラスが新設され、中国語・中国文化を主専攻とはしないが英語と中国語の両方を学びたい留学希望者は、留学先として英中両方の学習プログラムに対応できる淡 江大学を考えていること、平成21年度に麗澤大学開学50周年を迎えることなどを報告した。

その後、麗澤大学生が滞在している麗澤学 舎やキャンパスの諸施設を見学してから、立派な図書館内にある国際会議廳で会食が催された。張校長やブリーフィングに参加された先生方をはじめ、学術副校 長の陳幹男博士、行政副校長の高柏園博士なども加わり、学術交流や教育の問題だけでなく、いろいろな話題でジョークを交えながら歓談した。終始、笑い声の 絶えない有意義なひと時であった。最後に、席上の挨拶で、平成21年10月に開催予定の麗澤大学開学50周年記念式典に参加してくださるよう張校長にお願 いしたところ、台湾式の「乾杯」をあげ、快諾していただいた。今回の訪問については淡江大学のホームページでも中国語と英語の二ヶ国語の記事として取り上 げられている。興味のある方はご覧いただきたい。
中国語の記事はこちらをクリック。
英語の記事はこちらをクリック。

大学訪問後は、本学国際経済学部卒業生の劉意新さんが働いている滞在先のシェラトン・台北のレストランで台湾麗澤会の同窓会を開催した。
出席者は次の通り。(敬称略) 
陳鼎鉉(中国語学科卒)
横瀬尚央(中国語学科卒)
高橋英明(中国語学科卒)
藤原扶美(中国語学科卒)
山西善正(英語学科卒)
佐藤宏子(英語学科卒)
職種は様々で、一流企業で活躍する者もいれば、日本時事通信社の記者や、台日交流協会事務所に勤務する卒業生もいて、卒業生の活躍ぶりを実感できたことは大きな収穫であった。

せっかくの機会なので、出席者全員に在学生へのメッセージを残してもらった。
「語学だけでは仕事ができない。バイタリティーとチャレンジ精神にあふれ、自己を積極的にPRできる人になってほしい。」
「失敗を恐れてはいけない。経験することで人は成長する。」
「何にでも挑戦してください。チャンスがあれば、トライし、失敗してもじっくりと考え、またトライすることで活路が開く。」
「若い時の時間こそ有効に使うべきで、留学というチャンスを是非とも生かしてほしい。留学先を好きになることが大切。」
「麗澤の寮生活で人間関係を学んだことが、今の自分の財産になっている。」
「留学は自分で行動することを学ぶ貴重な経験。若さがあれば、何でもできる。」
「欧米と日本を比較し、日本人であることを卑下する人がいることは残念。淡江大学にくれば、こんなにも日本人が好きな台湾人がいることを実感し、見方が変わる。」

淡江大学 張家宜校長(右)と一緒に

淡江大学 張家宜校長(右)と一緒に

淡江大学の歓待を受ける

淡江大学の歓待を受ける

麗澤学舎の前で淡江大学生と

麗澤学舎の前で淡江大学生と

台湾麗澤会の同窓会にて

台湾麗澤会の同窓会にて