1. ホーム>
  2. 未分類>
  3. キャンパスの環境美化プロジェクト推進中

2008/07/14

キャンパスの環境美化プロジェクト推進中

去る7月9日、北海道洞爺湖サミットは、主要国のG8に、中国やインド、ブラジルなど温室効果ガス排出量の多い8カ国を加えた主要排出国会議(MEM)において、初の首脳会合による首脳宣言を採択して閉幕した。

ちなみに、今回の洞爺湖サミットに向け、気候変動枠組条約および京都議定書関連交渉に参加するための初代政府代表をはじめ、地球環境問題大使などの経験を買われて内閣官房参与に就任された西村六善氏は、麗澤高等学校の出身である。

さて、環境問題は、政府間レベルで話し合うだけでなく、私たちの日常生活、すなわち草の根レベルでも取り組むべき重要課題であることは言うまでもない。麗 澤大学でも「環境美化プロジェクト(KBP)」を展開し、キャンパスの地球にやさしい環境の維持に少しでも協力できればと思っている。

平成17年度に若手職員6名のメンバーで発足した本プロジェクトは今年4年目を迎えるが、メンバーも10名に強化され、今まで以上に全学的な環境美化に関 する諸活動を積極的に推進している。具体的には、教職員や学生を対象にした環境美化のキャンペーンの実施(“KBP News”発行、学内に各種ポスター掲示等)、毎回テーマを決めて種々のキャンペーンを展開しているが、それと並行して定期的に実施する放課後のゴミ拾い 等の清掃作業、毎年2学期初頭の「マナー向上キャンペーン」(キャンパス内のゴミ箱整理、喫煙場所の整備等)などの活動である。

今学期は下記のような「省エネ・キャンペーン」を展開しているので、教職員はもとより、学生諸君にもご協力を切に願いたい。

 

学内の環境美化への取り組みについて<英訳>

各教室を巡回する教職員

各教室を巡回する教職員

忘れ物の回収・ごみの収集

忘れ物の回収・ごみの収集