1. ホーム>
  2. 未分類>
  3. リーダーセミナーでリフレッシュ!

2010/02/17

リーダーセミナーでリフレッシュ!

リニューアルした谷川セミナーハウスでの研修

今年も本学の道徳科学教育センターが支援する「リーダーセミナー」が、去る2月11日(木)~13日(土)の3日間、麗澤大学谷川セミナーハウス (群馬 県利根郡みなかみ町谷川 )で開催された。あいにく天候は小雪が舞う曇り空だったけれども、都会では味わえない透明な空気、白く雪化粧をして宗教的にまで美しい谷川岳のパノラマ、 そしてその雄大な谷川の大自然を眺めながら露天風呂で旅の汗を流すと、心身ともにリフレッシュされた気分になる。この谷川温泉は本学の創立者廣池千九郎が 全国の百ケ所近くの温泉を訪ね歩き、谷川こそ天下の名湯であると確信して購入した温泉である(効能:眼病・胃腸病・婦人病・神経痛・創傷などの一般的適応 症)。そのような名湯に、セミナ―の合間を見つけて、24時間いつでも入ることができる。昨年、モダンな宿泊施設の偲徳寮とそれに付随する浴室が改装さ れ、さらに露天風呂も新設され、アメニティーも格段にアップした。

プログラムには「リーダーへの期待」という演題で学長講話の時間が用意されている。毎回趣向を変え、リーダーの心構えについて自分の体験も交えながら1時間ほどの講話を行う。今回のメニューは

①リーダーとは「選ばれた器」
「行きなさい。彼は,諸国民や王たち、またイスラエルの子らの前でわたしの名を担う、わたしが選んだ器なのだ」(『使徒行伝』 9:15)
②リーダーには常に学ぶ機会が与えられている。他律的時間を自律的時間に変える方法。
③コミュニケーションを改善する具体的方法。アサーティブネス(意見表明)の利点と落とし穴。
④ 「 幹部と言うは・・・職掌にあらず。・・・ただし、功も積まず、知能をも磨かず、いたずらに年月を過ごすものあらば、ついに自然にその徳を失い、世に棄てら るるに至る。されば、学を勉め至誠に進むを要す」という創立者の言葉を引用し、 「リーダーとは、自分を高めるようにと天が与えた千載一遇のチャンスであり、祝福である。人生に無駄はない。感謝の気持ちで、「選ばれた器」たるべし」と いう言葉で締めくくった。

2日目の夜には、学生指導を担当する学長補佐の井出教授をはじめ、職員も全員参加して懇親会が催された。私も飛び入りで参加したが、和気あいあ いとした雰囲気で学生たちと久しぶりにコミュニケーションが楽しめた。この家族的な雰囲気こそ本学の特色であると再認識した次第である。大学全入時代を迎 え、職員のSDやPDの必要性が叫ばれている今日、手前味噌かもしれないが、学生指導・支援に献身的に取り組む職員がいることは本学の大きな強みであるに 違いない。

雪の降り積もった谷川セミナーハウス

雪の降り積もった谷川セミナーハウス

学友会役員承認式

学友会役員承認式

学長講話の様子

学長講話の様子

「かもしかの湯」と「しずくの湯」

「かもしかの湯」と「しずくの湯」

内風呂の様子

内風呂の様子

新設された露天風呂

新設された露天風呂

懇親会の様子

懇親会の様子