1. ホーム>
  2. 未分類>
  3. 研究・教育に貢献された先生方に学長賞を授与

2010/09/21

研究・教育に貢献された先生方に学長賞を授与

去る9月16日(木)、学長賞の授与式がれいたくキャンパスプラザで挙行された。今までは学長賞と研究奨励賞でどちらかといえば学問的業績に軸足を置い てきたが、教育の重要性がますます高まる今日の大学教育において、本学のロールモデルとなりうる献身的な教育への取り組み対し、これを表彰すべく教育奨励 賞を新たに設けた。
今回、研究奨励賞については両学部専任教員からの推薦を受け、審査員を委嘱し、審査所見の報告に基づいて、また教育奨励賞は学部長の推薦に基づいて、それぞれ学長賞選考委員会において厳正かつ慎重な選考をした。
その結果、以下のように、研究奨励賞2件、教育奨励賞4件が選考された。

(1) 研究奨励賞
【外国語学部】
① ハル,ケリー M. 先生
編著書『The Ch’orti’ Maya Area: Past and Present』によって多様な論文を編集した力量と有益な見解を提示したこと。
【経済学部】
② 陳 玉雄 先生
著書『中国のインフォーマル金融と市場化』によって未開拓の分野に取り組み意欲的かつ有意義な研究を示したこと。ちなみに陳先生の同著は、パーソナルファイナンス学会より2010年度学会賞も受賞。

(2) 教育奨励賞
【外国語学部】
① 竹原 茂 先生
長年のタイ・スタディーツアやボランティア・サークルなどを通じて学生に教育的感化を与え、学生の国際貢献活動を活発化させたこと、特にスタディツアーでは、学生の視野を広げ、国際協力に対する関心を高めたこと。
② 三潴 正道先生
独特の教育メソッドを開発し、常に学生にやる気を引き出すことを通して、中国語教育に目覚しい成果を挙げたこと、これらの成果を、さまざまな著作物として、社会にも還元し、本学の中国語教育の評価を高めてきたこと。
【経済学部】
① 上村昌司先生、清水千弘先生、大越利之先生(「経済学入門ゼミナール」担当)
② 中野千秋先生、倍 和博先生(「経営学入門ゼミナール)担当)
経済学部はグループとしての受賞となり、教育の成果が学生アンケートにも反映されているように、これらの先生方はそれぞれに熱意と工夫をもって授業に取り組んだ。
高 経済学部長からは「今後もFDなどを通じて、それぞれの努力や成果を共有し、さらなる改善に努めてもらいたい。既にこれまで大きな貢献を果たしてきた と言えようが、さらに一層のリーダーシップを発揮し、学生基点の徹底に努め、他の教員のロールモデルとなって戴きたい」との激励のコメントがあった。

今後も本学の研究と教育の向上のため、さらにご尽力いただきたい。