1. ホーム>
  2. 未分類>
  3. 第1回 麗澤大学麗澤旗親善剣道大会が開催

2011/03/09

第1回 麗澤大学麗澤旗親善剣道大会が開催

去る2月27日、本学の第一体育館で、第1回麗澤大学麗澤旗親善剣道大会が開催された。

午前9時から開会式に出席すべく、体育館を訪れたら、早くも試合に備えて練習をする高校生剣士たちの元気な声が館内にこだましていた。その清々し さと張りつめた緊張感を覚えた時、すでに予感したのであるが、どの試合も熱戦ばかりで、第1回目の大会は成功裏に幕を閉じたと言えよう。

今回は、参加校が36校、参加者は顧問・監督61名、生徒493名の合計554名で、これまでの錬成会を含めて最大のイベントであった。こちらの不手際もあり、至らぬ点もあったと思うが、参加者の皆さんと関係者の方々に心より御礼を申し上げたい。

以下、本学を代表し開会式で大会会長として挨拶をしたので、ご紹介したい。

*                     *
皆さま、おはようございます。

本日、ここに、多数の御来賓と関係者の方々のご臨席を賜り、麗澤大学第1回麗澤旗親善剣道大会が、このように盛大に開催されますことを、心から嬉しく思います。

本大会は、今回、記念すべき第1回大会でございますが、麗澤大学では平成16年より、高校剣道錬成会を開催してまいりました。その錬成会まで含め ますと、今回で7回目の大会開催となります。第1回の錬成会では、参加高校数が14校、参加生徒数が214名でございましたが、今大会は、参加高校数が 36校、参加生徒数が493名と、錬成会まで含めた大会の歴史の中では、文字通り最大規模の大会となりました。過去6年にわたり大会を継続し、このように 発展できましたのも、ひとえに、これまで大会を支え、高校剣道の普及と発展に大きく貢献されてこられた関係者の皆様方の深いご理解と温かいご支援の賜物で ございます。高い所からではございますが、改めて皆様に、本学を代表いたしまして、心からの感謝と敬意を捧げたいと思います。

さて、選手の皆さんは、日々の厳しい練習を通して、試合に勝つための剣の技術はもとより、自分自身にも打ち勝つ「不撓不屈」の強い精神も養ってこ られたことでしょう。どうか、日ごろの練習の成果を思う存分に発揮されて、礼儀正しく、正々堂々、大いに大会を盛り上げていただければと思います。また本 大会が、数多くの仲間との交流を深め、楽しい思い出をつくる場となりますことを、心から期待しております。

最後に、選手の皆さんには、本日の勝負に関係なく、これまでご指導いただいた顧問、監督、師範の先生方、そしてともに練習で汗を流した先輩、同 輩、後輩に対する感謝の気持ちを忘れないでいただきたく思います。そしてまた剣道の修養ができるだけの健全な肉体と精神を授けてくださったご両親に対して も、同じく感謝の気持ちを持って、これからも剣道を通し、剣の心と技を、さらに磨き続けてくださるよう願っております。どうか、大空をかける天馬のごと く、思いっきり、力強く、羽ばたいていただきますように。

皆さんのご健闘を心から祈念して、大会のご挨拶といたします。
平成23年2月27日
麗澤大学学長 中山 理

麗澤大学HP「第1回麗澤大学麗澤旗親善剣道大会開催される」
http://www.reitaku-u.ac.jp/events/kekka/20110310.html

 

試合前の練習風景

試合前の練習風景

開会式で挨拶をする大会会長・中山学長

開会式で挨拶をする大会会長・中山学長

試合を観戦する大会役員

試合を観戦する大会役員

試合風景①

試合風景①

試合風景②

試合風景②

表彰式

表彰式