1. ホーム>
  2. 未分類>
  3. 中山学長、犬飼国際交流センター長とアメリカの高校を視察

2015/11/04

中山学長、犬飼国際交流センター長とアメリカの高校を視察

DSCF1708

ミズーリ大学でのTV会議

  2015年10月27日(火)、麗澤大学道徳科学教育センターとCenter for Character and Citizenshipの共同研究に関する打ち合わせを行うため、ミズーリ大学セントルイス校を訪問しました。続いて、同大学のヴァーコヴィッツ教授のご案内で、セントルイス郊外にあるリンドバーグ高校(Lindbergh High School)を訪問しました。

 リンドバーグ高校は第9学年から第12学年までの4年制の公立高校で、生徒数は約2,000名、教員数は115名です。りドバーグ高校は2011年に学校における人格教育 (Character Education)を推進している非営利組織「人格教育パートナーシップ」(Character Education Partnership)から、「全米人格教育校」(National School of Character, NSOC) に、2012年には合衆国教育省から成績優秀校であることを示す「全米ブルーリボン校」(National Blue Ribbon School)に認定されています。ヴァーコヴィッツ教授はこれまで同校の多くの先生方に人格教育の方法論について指導をしてきました。

DSCF1725

案内役の生徒、教職員と

  リンドバーグ高校は「人格教育パートナーシップ」が提唱している「人格教育のための効果的な11原則」(11 Principles of Effective Character Education)の実施に努め、独自に「リンドバーグ高校の6つの人格の柱」(LHS 6 Pillars of Character)を掲げて、さまざまな活動を組織的に展開しています。「6つの人格の柱」とは、「責任」(Responsibility)、「信頼」 (Trustworthiness)、「思いやりの心」(Caring)、「敬意」(Respect)、「市民としての責任」 (Citizenship)、「公平」(Fairness)です。この「6つの柱」を図式化したポスターは、学校内のあちこちに掲示されていました。【注 1】

 リンドバーグ高校の人格教育のなかで特に印象深かったものは、「パックタイム」(PAC Time)と呼ばれる活動です。パック(PAC)とは “Planning for your future through Academic and Character Education”の略語で「勉強と人格教育を通じて自分の将来を計画する」という意味です。同じ学年の生徒17〜20名が1つのグループとなり、各グ ループに教員1名がアドバイザーとして配置されています。

DSCF1759

授業見学の様子

 このグループのメンバーは、週に一度約30分間集まって、学業への取り組み状況 や進路計画、人格教育に関するテーマについて話し合い、近隣のコミュニティにおける奉仕活動の計画もします。各グループのメンバーは、生徒も教員も4年間変わることはなく、互いに励まし合い、助言し合い、お互いの成長を確認し合いながら高校4年間を過ごすのです。

 さらに、生徒から成る「人格委員会」(Character Council)が設置されており、この委員会がリンドバーグ高校における人格教育や奉仕活動に関わっています。具体的には、毎月一度、5時間目に「テイ ク・ファイブ」(Take Five「一休み」という意味)と呼ばれる討論の時間が学級ごとに約30分間持たれているのですが、討論のテーマや、テーマに関連する活動については、人格委員会のメンバーが中心となって決めています。リンドバーグ高校の人格教育活動を見学しに訪れる来訪者を連れて学校内を案内し、生徒による人格教育活動 について説明することも、この委員会の任務の一つとなっています。

DSCF1771 私が訪問した際にも、4年生のデミア君、1年生のアレックス君とエイミーさんが学校内を案内してくれました。どの教室でも授業が行われていましたが、デミア君は気軽に教室に入っていき、先生方も生徒たちもごく自然に私たちの見学を受け入れてくれました。

 今回の訪問を通じて、リンドバーグ高校の生徒たちが人格教育プログラムに率先して関わっていること、また、生徒の自主性を尊重し人格教育プログラムに積極的に関与させようとしている学校当局の姿勢を感じ取ることができました。

 
【注1】「人格教育のための効果的な11の原則」(11 Principles of Effective Character Education)については、こちらをご覧ください。
リンドバーグ高校における人格教育については、こちらをご覧ください。