1. ホーム>
  2. 未分類>
  3. 創立者 廣池千九郎>

創立者 廣池千九郎

ひろいけ ちくろう
1866(慶応2)年~1938(昭和13)年

創立者 廣池千九郎

創立者 廣池千九郎

廣池千九郎(1866-1938)は、14才で母校永添小学校の助教を勤め、19才にして形田小学校(大分県下毛郡)の訓導として奉職した。その後、万田尋常小学校・中津高等小学校に勤務し、実際に教鞭を執るかたわら、教員の互助会の設置を要求したり、夜間学校を開設するなど、教育者として精力的に活動している。
その後、早稲田大学講師・神宮皇学館教授・天理中学校長などを務め、学校教育に全力を投じた。明治末よりは当時社会問題化しつつあった労働問題の解決に尽力するなど、一般人を対象とした社会教育にも力を注いでいる。これらの往年の学校教育・社会教育の体験を集大成したものが、モラロジー教育(麗澤教育)であり、その具体化したものが昭和10年に設立した「道徳科学専攻塾」である。主要著書に『支那文典』『東洋法制史序論・本論』『伊勢神宮と我国体』『道徳科学の論文』などがある。