1. ホーム>
  2. 未分類>
  3. 第3代学長 廣池幹堂>

第3代学長 廣池幹堂

ひろいけ もとたか
平成元年2月~平成15年3月

第3代学長 廣池幹堂

第3代学長 廣池幹堂

昭和25年4月5日、廣池千太郎の長男として東京に生まれる。麗澤高等学校卒業後、東北大学に入学、昭和49年、同教育学部教育学科卒業。その後、財団法 人モラロジー研究所研究部研究員、麗澤大学ワシントン事務所代表等を歴任し、平成元年に財団法人モラロジー研究所所長(平成3年1月、文部大臣認可により 理事長に呼称変更)、学校法人廣池学園理事長、麗澤大学学長、麗澤高等学校校長、麗澤瑞浪高等学校校長、麗澤瑞浪中学校校長、財団法人麗澤海外開発協会会 長に就任。現在、財団法人モラロジー研究所理事長、学校法人廣池学園理事長、財団法人麗澤海外開発協会会長、財団法人モラロジー研究所モラロジー専攻塾塾 長。平成6年9月、ブラジル・サンパウロ州知事よりバンデイランテス勲章を授与される。著書に『21世紀をどう生きるか』『世界に誇る日本人』(いずれも 対談集:モラロジー研究所刊)『玲瓏のこころ』(モラロジー研究所刊)等がある。