1. ホーム>
  2. 未分類>
  3. 心に響いた麗澤会山陽ブロック記念大会

2009/08/30

心に響いた麗澤会山陽ブロック記念大会

参加者全員での記念撮影

参加者全員での記念撮影

8月30日(日)にホテルグランヴィア広島にて、「麗澤会山陽ブロック記念大会」が開催されました。 恩師や現役の先生方、日ごろ麗澤教育にご理解・ご支援いただいている方々をお招きし、岡山・広島・山口在住の麗澤会員を中心に約250名が集いました。会 場内は思い出を懐かしむ声、再会を喜ぶ声や、明るい笑顔があふれていました。盛りだくさんの内容で、笑いあり、涙ありの記念大会となりました。

 

まず、最初の講演会では、海上自衛隊呉教育隊司令・鈴木富男1等海佐が、『潜水艦救難艦「ちはや」乗員の使命感を支え続けたもの』と題して、「えひめ丸」 行方不明乗組員の捜索の状況を乗員のエピソードや映像を交えてご講演いただきました。潜水艦救難という任務のうらに隠された「家族の気持ちを癒す」という ミッションを果たすために、米海軍に最大限に協力し乗員一同が真心こめて捜索活動を行った数々のエピソードに、何度も心が揺さぶられました。 国土を守ってくださる自衛隊に敬服するとともに、日本人としての誇りを強く感じました。

続いての、海上自衛隊呉音楽隊による演奏で会場内はさらに和やかになりました。
広島県三原で伝承されている「三原やっさ踊り」では、あちらこちちのテーブルから飛び入り参加があり、盛り上がりを見せました。

また、神風特攻隊で国のために散った麗澤第6期生の先輩を偲んでのミスター・ポンチョ氏(謎のリコーダー奏者)の演奏では、会場からすすり泣く声も聴こえてきました。

国の伝統、地域の伝統、麗澤の伝統を感じ、いつまでも余韻が残る心に響く山陽でのブロック大会でした。

鈴木富男1等海佐による講演

鈴木富男1等海佐による講演

海上自衛隊呉音楽隊の演奏に併せて大合唱

海上自衛隊呉音楽隊の演奏に併せて大合唱

演奏に酔いしれる参加者

演奏に酔いしれる参加者

謎のリコーダー奏者・ミスターポンチョによる心のこもった演奏

謎のリコーダー奏者・ミスターポンチョによる心のこもった演奏

会場が湧いたやっさ踊り

会場が湧いたやっさ踊り

麗澤会の発展、麗澤会員やご家族の健勝を祈って

麗澤会の発展、麗澤会員やご家族の健勝を祈って