1. ホーム>
  2. 未分類>
  3. 中山学長の特別講義「世界史から見た日本文明」

2010/05/10

中山学長の特別講義「世界史から見た日本文明」

平成22年度 国際理解特別講座がスタート

高大連携教育の一環としてスタートした国際理解特別講座も、今年で10周年を迎えました。今年の総合テーマは、「21世紀の国際理解」。全11回(5月8日~8月6日)で、19名の教員が交代で講義を担当、受講高校生は7高校より、36名。
今年度のトップバッターは中山学長で、講義題目は「世界史から見た日本文明」で、その内容は、多角的な視点から物を見る/ 世界史から見た日本文明の美点 / 読書の大切さ / 自分の知的座標軸を持つ / 学ぶことは楽しい、などでした。
パワーポイントを使い、図表を取り入れ、分かりやすく、ときにはユーモアを交えての学長の講義に、生徒たちは、最後まで熱心に耳を傾けていました。高校生には長く感じられる90分も、またたく間に終了。
この講義は、8月まで10回開催し、高校生が、この講座を通して、真に国際理解に役立つ知識を吸収し、将来の勉強の糧となることを期待したい。
(2010年5月10日)

パワーポイントを使った講義

講義中の中山学長

学長の講義を 熱心にメモをとる高校生

講義後の記念撮影