1. ホーム>
  2. 未分類>
  3. 卒業生が描く「子育て絵日記」

2010/06/22

卒業生が描く「子育て絵日記」

「もも日和」展を地元・船橋で開催

「娘が0歳の時から一瞬で過ぎ去ってしまう何気ない毎日を欠かさず絵日記に描き続けています。娘は6歳になり、絵日記は2,200枚を超えました」と語 る、本学中国語学科卒業生・松井文子さん(麗澤59期)が、このほど地元、船橋市内で子育て絵日記「もも日和」展を開催。
今年で6回目を迎えるこの市民ギャラリーでは、5~6歳を中心に、4コマ漫画、水彩画や切り絵など約100点を展示。
◇ 5歳児の「逆上り」「恋する娘」「(自転車に)乗れたよ」「アスレチック」
◇ 6歳児の「祝入学」「集団下校」「竹馬練習」等など。
日常の何気ない娘さんの成長を追った絵日記を通して文子さんの愛情あふれる子育てに対する優しさ、温かさが、来場者に共感、感動を与えてくれる。娘さんの表情が実にいい。目もきれいだ。
来年も開催を予定されている。今から楽しみである。(平成22年6月22日)

立ち止り、熱心に作品を眺める

「毎年楽しみにしています」地方からの見学者も多い。

これまでの展示作品に目を通す来場者たち

子供たちも仲良く遊んでいます。