1. ホーム>
  2. 未分類>
  3. RSSR(Reitaku Student Social Responsibility)プロジェクト宣言

2011/04/21

RSSR(Reitaku Student Social Responsibility)プロジェクト宣言

4月18日(月)、RSSRプロジェクトのオープニングアウトが新校舎「あすなろ」の道徳科学教育センターで、「RSSR(麗澤大学の学生による社会的責任の追求)」をテーマに、ワークショップ形式で開催された。
このプロジェクトを主催した学生団体は、道徳科学教育センター員の川久保剛准教授・大野正英准教授を中心に結成され、Refree、Risovp、麗澤taskforce、自校学習クルー、全国学生モラロジー研究会、RIFAなどのサークルが参加している。
今回のプロジェクト立ち上げに際しても、道徳科学教育センター長でもある中山理学長も、学生たちの自主的活動に対して、今後も最大限の協力をしていきたいと語った。
当日は、櫻井良樹外国語学部長や髙巖経済学部長はじめ多数の教職員も会場に足を運び、RSSRの具体的な活動内容等の説明を受け、学生たちの社会的貢献活動に激励を送っていた。
これを契機に、今後ますます、学生たちの社会貢献活動に対する熱き思いが学内外に伝わり、広がりの輪をみせてくれることでしょう。
*                       *
これまでの 麗澤大学学生ボランティアの主な活動
1、 学友会およびボランティアサークルRe-freeが「東日本大震災支援募金団体」を設立
2、 3月下旬、最寄駅「南柏」及び「新柏」での街頭募金活動
3、 4月中旬、学内で募金活動
http://www.reitaku-u.ac.jp/topics/t-gakuseiseikatu/20110413-2.html

学生が作成したボード

RSSRについて説明する、関口くん(左)と、大橋くん(右)

熱心に説明を聞く学生たち

ボードを見学する学生たち

「私の社会貢献ペーパー」を 記入する学生たち

「私の社会貢献ペーパー」

打合せ中の学生