1. ホーム>
  2. 未分類>
  3. 実に有意義だった 第2回 専任教員研修会

2011/09/13

実に有意義だった 第2回 専任教員研修会

昨年に引き続いて、専任教員研修会を、9月1日(木)、2日(金)の日程で、本学の教育施設・谷川セミナーハウス(群馬県みなかみ町)で開催した。
この研修会には、今年度の新任専任教員等7名と、大学の主催者側からは学長、副学長、学長補佐、研究科長、学部長、FD委員会の委員、事務局職員等10名が参加した。

本研修会の主なねらいは、
1、「建学の理念」の理解を深める。
2、大学役職者との意見交換や教員相互のコミュニケーションを通して、大学の一員 としての自覚を深める。
この1、2、を通して、大学における教育・研究活動に生かす、ことにある。

研修会のメニューとしては、
◇ 学長による講話 ◇
1、 麗澤大学の建学の理念、麗澤教育の特色
2、大学での道徳教科書(学生基点のFD活動)
3、建学の精神の社会的・国際的展開   等々
◇ 副学長・学長補佐による解説・報告 ◇
1、本学の現状と課題
2、研究支援体制
3、学生支援体制  等々であった。

更には、懇談の時間では、参加教員の抱える教育上の、学生指導上の問題点等について、参加者全員が膝を交えた本音トークで、実に有意義な研修会となった。
大学の、第2学期の授業が9月20日(火)から始まるが、今回の研修会での成果が、きっと生かされていくことでしょう。