1. ホーム>
  2. 未分類>
  3. 中山学長が課外活動懇談会で部・同好会等の顧問・監督・コーチの方々へ感謝の言葉

2012/07/02

中山学長が課外活動懇談会で部・同好会等の顧問・監督・コーチの方々へ感謝の言葉

挨拶の様子

12回目の開催となった今年の課外活動懇談会は、第一部として大学からの現状報告と顧問・監督・コーチの方々からの現状報告をいただく報告会があり、第二部ではお集まりいただいた顧問・監督・コーチの方々と学生支援グループの教職員との食事をしながらの懇談会となった。

また会場は、従来の「ひいらぎ」から今年新しく開設した「Reitaku Student Plaza “はなみずき”」に場を移し開催された。

第一部の報告会では、中山学長が開会挨拶し、その冒頭で、麗澤大学は地域に貢献する大学を目指しており、光ヶ丘商店会と地域交流協定を結び、一緒に様々なイベントを企画・運営を行っている。4月にオープンしたこの“はなみずき”は、その地域活性化の基地としても活用されている。また、“はなみずき”のデザインは校章のまんりょうの葉の形をモチーフしたものであることなどを紹介された。

その上で次のように話をされ、顧問・監督・コーチの方々に感謝の言葉を述べられた。

                                 *                                                                                   *
麗澤大学の教育は「知徳一体」という建学の精神に基づいています。「道徳」というのは「人間の関係性」であり、人間関係を広めることによって我々は人の思いやり、ありがたさを知ることになると思います。そういう意味で、部や同好会などの課外活動は、麗澤の教育の中で本当に重要であると思っています。

麗澤大学では課外活動の一環として、部や同好会の代表の学生を集めて彼らの持っている問題や悩みを解決し、リーダーとしての意義を学んでもらうため谷川セミナーハウスで2泊3日の合宿形式のリーダーセミナーを行っています。

リーダーセミナーに参加した学生の感想文を読ませてもらうと、彼らが部や同好会活動で本当に人格的にも人間的にも成長している姿が読み取れます。このことはひとえに部や同好会活動をご指導いただいている顧問・監督・コーチの皆様方のご尽力によるものと感謝しています。今後とも麗澤大学の教育に対するご理解とご支援を賜りますようお願いいたします。