1. ホーム>
  2. 未分類>
  3. 『原勝郎博士の「日本通史」』が新聞で紹介されました

2014/06/05

『原勝郎博士の「日本通史」』が新聞で紹介されました

cover2014年3月に出版した翻訳本『原勝郎博士の「日本通史」』が、朝日新聞(4月16日朝刊)「BOOK」、日本経済新聞「目利きが
選ぶ今週の3冊」(5月28日夕刊)で紹介されました。

この本では、原勝郎博士が1920年に外国人向けに書いたAn Introduction to the History of Japan (Yamato Society Production, G.P. Putnam’s Sons, New York and London, The Knickerbocker Press)を全訳。第一次世界大戦当時の
日本に対する誤解、偏見、警戒感が増す中で、どのように日本の正しい歴史を世界に 発信したかが描かれています。
ぜひ、この機会にお手にとってみてはいかがでしょうか。

学長スモールトーク「座右の書」でも触れられています。