1. ホーム>
  2. 未分類>
  3. 群馬県みなかみ町と包括連携協定を締結

2015/09/08

群馬県みなかみ町と包括連携協定を締結

  IMG_1215

  9月3日に、群馬県みなかみ町役場において包括連携協定の締結式を開催し、岸良昌町長と本学の中山学長が協定書にそれぞれ署名をし、協定が発効しました。

 群馬県みなかみ町は、本学の谷川セミナーハウスが所在し、セミナーハウスの前身である谷川講堂が開設された1936年(昭和11)からお付合いのある自治体ですが、これまでは、温泉の管理や除雪の実施等、そのかかわりは限定的でした。

 この度の協定締結のきっかけは、本学外国語学部の山川和彦教授が、タイのバンコクで毎年開催されている国際旅行博に研究調査の一環で参加された折、みなかみ町の担当者と出会われたことに端を発します。

  山川教授は、これまでにもタイ人旅行者が多く訪れることで有名な北海道歌登のホテルで留学生をインターンシップさせて実績を重ねて来られました。一方のみ なかみ町は、グリーンツーリズムを筆頭に、多くの外国人観光客を呼び込むことに成功していることで有名ですが、さらに多くの観光客誘致を模索している状況 でした。そこで、本学の外国人留学生のインターンシップをみなかみ町の旅館やホテルで行うことで、両者のニーズが合致し、本学創立者ゆかりの地でもあるた め、とんとん拍子で今回の協定締結にいたりました。

 今後は、留学生のインターンシップに止まらず、本学の学部生や大学院生が研修で訪れる機会を利用するほか、本学教員が人材育成や町づくりに協力する等の機会を通して、町の振興を図り、本学学生の成長につながることが期待されます。

IMG_1209 IMG_1192

みなかみ町HPはこちら