1. ホーム>
  2. 未分類>
  3. 第3期ミクロネシア研修チームJapanesiaが中山学長に報告

2015/10/01

第3期ミクロネシア研修チームJapanesiaが中山学長に報告

○ (2)  9月30日(水)、ミクロネシア研修を終えた成瀬 猛教授(外国語学部)と第3期メンバーが中山学長に今回の活動報告をしました。リーダーの筋 昌子さんは、「これまで準備してきた環境教育プログラムをいよいよ実践する段階となり、緊張もありましたが、2つの小学校での発表では生徒たちが熱心に話を聞いてくれて、達成感を得ることができました」と振り返りました。

○

活動報告をする筋さん

ミクロネシア大学と交流が始まったのは2013年の2月に遡ります。当時、「自主企画ゼミナール」のシステムを活用し、外国語学部学生有志がミクロネシア連邦へのスタディツアーを企画。成瀬教授の指導の下、「Team SALIX」と称して国際情勢や問題をより深く学びたいと考えている学生7名が集まり、研修先の選定はもちろん、担当者への連絡やスケジュール調整もすべ て学生自身が行い、報告会も実施しました。(詳細はこちら)

また、その意志を受け継いだ後輩たちは第2期となる「Japanesia」を立ちあげ、2014年8月24日から約2週間に渡り、ミクロネシア連邦での自主企画研修を実施しました。グローバル社会での環境問題に関する研究から始まったこの企画は、ミクロネシアにおける環境教育プログラムの確立を目指して、ミクロネシア大学の学生と連携して進めていくことが確認されました。(詳細はこちら)

 

■関連記事はこちら

2014年10月30日 ミクロネシア大学学長が来学し、協定締結

2015年3月24日 Japanesiaが在京ミクロネシア大使を表敬訪問