1. ホーム>
  2. 未分類>
  3. ANAビジネスソリューション株式会社と麗澤大学が教育連携協定

2016/07/08

ANAビジネスソリューション株式会社と麗澤大学が教育連携協定

「ANAエアラインスクール学内講座」-育てたいのはおもてなしの心-

IMG_20160707_235845 平成28年7月7日(木)、ANAビジネスソリューション株式会社と本学は教育連携協定の調印式を行いました。

調印式では、本学の渡邊学部長から経緯の説明があり、ANAビジネスソリューション株式会社 矢澤代表取締役社長と本学の中山学長が、協定書に調印し抱負を述べられました。

今後は、この教育連携協定に基づき、ANAエアラインスクールのベーシックコースとANA成田空港での実務体験をセットにした「ANAエアラインスクール学内講座」を平成29年2月に開講します。

また、今年8月21日(日)に開催する本学のオープンキャンパスで学内講座の紹介があります。ご興味、ご関心のある方、ぜひご参加ください。

渡邊学部長

本学には、グランドスタッフおよびキャビンアテンダントを目指す学生が一定数いることを踏まえ、ANAビジネスソリューション株式会社と教育連携協定を締結して、指導・サポート体制を充実させることになった。

教 育連携協定の締結によって開講される「ANAエアラインスクール学内講座」は、エアライン業界に求められるスキルを学内で身につけられるようになり、また エアライン以外の業界を志望する学生にとっても、本学の教育目標である「グローバル力」、「人間力」を身につけることが期待できる。

政府は 2030年には訪日外国人を6,000万人に増やす新しい目標を決め、我が国の成長戦略の柱として訪日客増加による観光業の育成を目指しているが、今後成 長の見込めるエアライン・トラベル産業に多くの卒業生を送り出したいとの思いから教育連携する運びとなった、との経緯の説明がありました。

矢澤社長

ANA グループの社員たちが、試行錯誤しながら場面に応じて実践してきた「おもてなし」のコツをまとめた書籍『ANAの気づかい』の紹介の後、今回の教育連携協 定締結によって開講する「ANAエアラインスクール学内講座」を通して社会に踏み出す一歩としてもらいたい、との本学学生へのエールが送られました。

中山学長

道 徳とは「他者とのよりよい関係性の構築」で、人間関係の要でもある。その点はANAグループも同じで、ANAビジネスソリューション株式会社著の『ANA の気づかい』の中で、「チームで取り組む仕事を確実に進めるためのベースとなるのは人間関係であり、他者に対する気づかいが人間関係を構築してゆく」と述 べているように、ジェネリック・スキルの養成、そのコアとなる人間力の養成で、大いに有意義な教育連携ができると確信している。本学とANAエアラインス クール学内講座のプログラム内容は、おもてなし心を通して、ともに他者とのよりよき人間関係を追求し、社会に貢献するという点で心を同じくしている、と両 者の関係性が強いことに言及し、今後の連携深化への期待をこめた挨拶がありました。

学長挨拶全文はこちら

○IMG_5278-s