1. ホーム>
  2. 未分類>
  3. ベトナム中小企業経営者協会で講演

2016/11/25

ベトナム中小企業経営者協会で講演

IMG_053511月19日ベトナム中小企業経営者協会にて講演会が開催されました。はじめに、開会の辞が述べられた後、ベトナム人歌手による歌の披露があり、会場はリラックスムードになりました。そして、中山理学長が「日本企業で推奨される経営と道徳・マナー」について講演しました。日本には創業100年以上の老舗企業が2万2219社あり、その大部分が中小企業であることを説明すると、会場の中小企業の経営者の方々から驚きの声があがりました。そして、企業規模が企業永続の条件ではないことも、企業経営の励みになったようでした。ものづくりの基本のCQD(Cost ,Quality, Delivery)や5Sについても、講演後の質疑応答の時間に関連した質問が多く出たことから、関心の深さがうかがえました。ベトナム人の方から、「道経一体が重要であることをこれまで考えてこなかった」「大変勉強になった」等と感想が述べられました。

IMG_0241IMG_0258

 

 

 

 

 

 

続いて近藤彩教授が「日本人ビジネスパーソンと働くには-協働に向けて-」について講演しました。日本人と外国人が仕事をした際のトラブルの所在やその原因を、データと事例(ケース)をもとに説明しました。そして、日本人とベトナム人の相互理解が安定した組織経営につながること、協働していくことは経営学的にも意味があること、協働が人を支え、人を育てることなども述べられました。トラブルの事例については、参加者の方々から挙手が止まらず、多くの方々が非常に積極的に発言されました。

IMG_0345

通訳を務めた卒業生のマイコックランさん。

IMG_0366

フロアーからの質問に答える中山学長

 

 約3時間にわたる講演会は休憩の時間もなく、熱気に満ちた中、終了しました。

(報告:外国語学部 近藤 彩 教授)