1. ホーム>
  2. 未分類>
  3. 「麗澤大学×柏レイソル」教育連携協定締結

2017/02/23

「麗澤大学×柏レイソル」教育連携協定締結

平成29年2月23日、株式会社日立柏レイソルと教育連携協定調印式を実施しました。今後は、相互に産学連携を図り、地域経済への貢献とスポーツマネジメント人材の育成を強化し、地域の活性に貢献していきます。

■教育連携協定のポイント:

□柏レイソル所属員を対象とした麗澤オープンカレッジ講座に関する連携
□麗澤大学学生の柏レイソルへのインターンシップに関する連携
□アクティブラーニング、PBL(Project-Based Learning)などの教育に関する連携
□柏レイソルによる麗澤大学への講義に関する連携

■中山学長挨拶:
 本日はご多用の折、また雨の中、調印式にお越しくださいまして誠にありがとうございます。
麗澤大学学長の中山理でございます。

 今年度は麗澤大学の創立者廣池千九郎生誕150年にあたりますが、そのような記念すべき年に、株式会社日立柏レイソル様との教育連携協定に調印できますことは誠にエポックメイキングであり、心より嬉しく思います。

今回の協定締結で柏レイソル様からご提供いただく教育プログラムは、麗澤でスポーツビジネス業界を志す学生たちにとって、特に社会人基礎力を養成する上で、非常に有意義なものになるのではないかと確信しております。まずこの場をお借りしまして、柏レイソルの関係者の方々のご尽力に対し、麗澤大学を代表し、心から御礼を申し上げます。

さて、皆様もご存知のように、今後、日本では2019年のラグビーワールドカップ、2020 年の東京オリンピック・パラリンピック、2021年の関西ワールドマスターズゲーム等、「ゴールデンスポーツイヤーズ」を迎えます。今後、ますますスポーツビジネス界が注目を集め、若い世代に夢を与える時代を迎えていることは言うまでもありません。

本学では、今後、更に発展するスポーツビジネス業界で活躍できる「経営力」「コミュニケーション力」「人間力」をもった人材育成を目指し、新たに経済学部の中に「スポーツビジネス専攻」を設け、現在その準備を進めております。学生たちには、スポーツビジネスに必要な理論と知識を学ぶと同時に、柏レイソル様でのインターンシップを通して、行動する力、チームとして働く力、相手を理解する力も身に付けてもらいたと、期待に胸を膨らませています。

本学と柏レイソル様は、ともにホームタウン柏の地域社会に貢献するという点で、COC(Centre of Community)の役割を担っているわけですので、これからのコラボレーションを通して、ますます柏市が活性化し、若い世代が明るい未来予想図を抱けるようになることを祈念し、挨拶と代えさせていただきます。