1. ホーム>
  2. 未分類>
  3. 論 文

論 文

The Development of Milton’s Educational Thought from Of Education to Paradise Lost
(英文)pp.1-15. 『上智英文学研究』(第3号、1978年)

「Paradise Regainedのキリスト像 - Miltonのキリスト論におけるKenosis再考」
『麗澤大学紀要』(第30巻、1980)9-26頁。

From Musica Mundana to Les Sons – Some Musical Ideas in Fincino, Descartes and Milton-
(英文)『麗澤大学紀要』(第37巻、1984年)pp.1-4.

Proserpina, Jacob, the Fields of Ceres: Milton’s Disjunctive Similes
(英文)English(The Oxford University Press for the English Association, 1984), vol.xxxiii, No.146, pp. 99-115.
《付記》1985年、同論文にて上智大学英文学会より「ロゲン賞」(本賞)を受賞。

From Musica Mundana to Les Sons – Some Musical Ideas in Fincino, Descartes and Milton-Part II
(英文)『麗澤大学紀要』(第39巻、1985年)pp.97-124.

“Fairest Fruit and Humid Bow”— Milton’s Epic Simile and Conception of Time in Paradise Lost
(英文)Renaissance Monographs: 13 (The Renaissance Institute, Tokyo, 1987), pp.151-60.

The Pilot of Some Small Night-foundered Skiff—An Iconographic Simile of Death and Resurrection—
(英文)『麗澤大学紀要』(第44巻、1987年)pp.29-37.

「詩と視覚芸術に関するミルトン批評の流れ」
『麗澤レヴュー』(創刊号、1995年)1-10頁。

「Lycidas の “That two-handed engine” 再考 -キリストの「両刃の剣」のイコノグラフィー」
『麗澤レヴュー』(第2巻、1996年)1-10頁。

「『パラダイス・ロスト』における悪魔の変身 - 反王権的イメージとしての鵜」
『麗澤レヴュー』(第3巻、1997年)64-73頁。

「ミルトンのMirthとMelancholyに見るエンブレム・ブックの伝統 -L’Allegro とIl Penseroso の図像学的解釈の一視点」
『麗澤レヴュー』(第4巻、1998年)42-65頁。

「ミルトンの『英国史』-ローマ人征服以前とアーサー王伝説」
『麗澤レヴュー』(第5巻、1995年)80-92頁。

「ミルトンの『英国史』における神話作成的歴史観と古代ローマ共和主義―Book IとBook IIを中心に―」
『麗澤学際ジャーナル』(第8巻、第1号、2000年)1-13頁。

「『パラダイス・ロスト』におけるテクストとイメージのパラゴーネ―<死>の図像のもつ破壊力―」
単『麗澤レヴュー』(第6巻、2000年)27-37頁。

Milton and Emblematic Imagery
(英文) 『麗澤レヴュー』(第7巻、2001年5月)57-85頁。

Images of Their Glorious Maker: Iconographic Similes in Paradise Lost and Emblematic Imagery in His Shorter Poems
(英文) 単・2001年 上智大学学位論文 博士(文学)251頁

「ミルトンとエンブレムブック」
『伝統と革新-高柳俊一教授古希記念英文学論集-』
(研究社 2002年)43-62頁

「ヤコブの梯子とオリヴァ-・キングの夢-英国バース・アヴェイのウェスト・フロントの彫刻」
『麗澤レヴュー』(第8巻、2002年)114-26頁

「ミルトンの楽園思想―エデンの園と庭園―」
単『麗澤レヴュー』(第9巻、2003年)73~88頁

The Radical Change in the Perception of Death in the 17th Century and Milton’s Lycidas
(英文)Milton and Early English Studies in Korea, Nov. 24, 2007, pp.295-307

「中華民国とミズーリ派ジャーナリズムの独占―My Twenty-five Years in Chinaに見るJ・B・パウエルの対中観―」
『麗澤レヴュー』(第14巻、2008年7月)81~104頁

「ハード・パワーか、それともソフト・パワーか?―ラストエンペラー溥儀とその家庭教師レジナルド・F・ジョンストンの異文化コミュニケーション管見―」 『異文化コミュニケーション』(異文化コミュニケーション学会 2010年5月 No.13)1~11頁

“Globalization and the Need to Reconstruct Moral Education in Higher Education” 
Character and Public Policy: Educating for an Ethical Life, (School of Education, University of Birmingham 2012,12)

「『パラダイスロスト』に見るミルトンの自然観を歴史的に読む-日本とイギリスの比較文化的研究の視点から- 」
単『十七世紀英文学を歴史的に読む』(金星堂, 2015年5月)137~162頁

”Actualizing Moral Education in Japan’s Tertiary Sector: Reitaku University’s Response to Today’s Challenges” 
単Journal of Character Education,(Character.org, 2015,12) pp.39-50

「科学、宗教、道徳―比較文明論的考察―」”Morals, Science and Religion”単『日本:多様な文化が融合する国』(ベトナムホーチミン市国会大学,2016.7)pp.14-29

Osamu Nakayama, Keynote Address, pp. xxxvii-xxxix, “The Concept of Nature (Shizen) Revealed in the Japanese Garden”, pp. 95-101. Gita A. Keeni, ed., Rabindranath Tagore and Japan: the Proceedings of the International Conference on ‘Tagore and Japan & Various Aspects of Japanese Culture’ (Granthana Vibhaga, Viva-Bhatati, 2017 )