『麗澤大学−排出権取引市場』 2010年より、いよいよ始動!

「学ぼうとする人の視点」
に立った全く新しいプログラムが始動!!

 麗澤大学は、持続可能な社会の構築に資する人材を育成するための「最先端の実践教育プログラム」を開発し、2010年よりその教育を本格的に始動します。これは「学ぼうとする人の視点」に立って構築された全く新しいプログラムです。

 その特徴は、温室効果ガスの排出削減が避けられなくなる近未来社会をコンピュータ・システム上に作り上げ、学生が、その仮想社会で「どのように経営を行うべきか」などを、自らの頭と体を使って疑似体験するところにあります。

 それはビジネスゲームという形で、学生たちが自分の会社を設立し、ヒト、モノ、カネ、情報、CO2排出権を、機動的・戦略的に活用・取引しながら、会社を運営するものです。3年間で最高難度のレベル5まで修了すれば、低炭素社会に必要な先進的知識とノウハウを習得し、未来社会を先取りしたエキスパートとして、世に出ていくことができます。

 私たちは、2010年度に始動する「最先端の教育プログラム」に、できるだけ多くの学生がチャレンジすることを願っています。未来を拓き、地球を守るのは、未来社会を先に体感した人だと信ずるからです。

高校生の方は,こちらから