教員メッセージ

学長メッセージ

小規模であること。国際性豊かであること。

それらにこだわり続けること。

信念をつらぬき、麗澤大学にしかできない学びを、実現する。

ICT革命による第4次産業の台頭、メガ自由貿易協定(FTA)によるビジネスのグローバル化、アメリカ第一主義を発端とする米中貿易戦争の勃発や新型コロナウイルスの世界的な流行など、現代の世界経済は混沌としており、様々な危機が迫っています。ただ、危機とは新しい始まりでもあります。異質なものを変換してつなぐタフさや適応力、変化に立ち向かうマインドをもつ人材を輩出することで、この混沌の時代を切り拓いていきたいと、私共は考えています。

麗澤大学の創立者・廣池千九郎(法学博士)は、知識と道徳はひとつに調和すべきであるという「知徳一体」の理念の下、前身である私塾「道徳科学専攻塾」を開設し、当時は画期的であった男女共学の全寮制導入、道徳の理念を土台とした英語教育体制、元内閣総理大臣をはじめとした国内外の有識者による講演など、独自の教育環境を実現してきました。その革新的かつ実践的な学びは、現代にも受け継がれています。

約60年前にイギリス語学科・ドイツ語学科から始まった外国語学部では英語、ドイツ語、中国語などの言語修得にとどまらず、ネイティブ教員や外国人留学生との交流から得る異文化理解、さらにコミュニケーションやビジネスを学ぶことができます。経済学部は、道経一体(※)の理念を根幹に据え、道徳観をもつビジネスリーダーを目指して、データサイエンス科目群の設置、全専攻でAIを学べる体制など、時代を見据えた学習環境を揃えています。そして、多様な価値との共生を掲げて設立した国際学部は、異なる文化や価値を“つなぐ”をコンセプトに世界の事象を学び、英語を武器に新たな知の在り方、新たな学びのスタイルを探求し、世界で新しい価値を生み出す力を育みます。

学ぶための方法に対しても各学部で工夫を重ね、学生の能動的な学びを尊重するアクティブラーニングはもちろん、学びと社会貢献を両立させた課題発見解決型学習(PBL)や、企業・団体と連携したボランティアやインターンシップ活動といった、座学だけではない、世界と地域をフィールドにした学びの機会を提供しています。さらに、カリキュラムの再整備を実施して3学部を横断したプログラムを設定するなどして、より本物の力が身につく教育制度を構築しています。

キャンパス施設も、世界と地域に貢献する「品格あるGlobal Leader」の育成を目指して整備を進めています。リニューアルをしたiFloor(アイフロア:International Floor)は、英語学修を中心とする多機能セルフアクセス・ラーニングの場として、活動内容ごとにプレゼンテーションテラス、ライティングセンターなど8つのエリアに区切り、学生の多様な学びをサポートしています。学生による自治制の精神を継承する学生寮「Global Dormitory」では、日本人学生と外国人留学生が共同生活を通して日常的に国際感覚を養うことができます。

さらに、2019年10月に「麗澤大学SDGs推進プロジェクト」を立ち上げました。建学の理念の下、学生、教職員はじめ本学内外のすべてのステークホルダーの皆様とSDGsについて考え協働しながら、持続可能な開発目標Sustainable Development Goals,SDGs)が目指す、豊かで活力ある「誰一人取り残さない」社会の実現に向けて貢献いたします。

今後も、「知徳一体」に基づく有為な人材育成のために、“小規模にこだわる、国際性にこだわる”麗澤大学として、世界と地域から期待される大学となるよう邁進いたします。

※創立者・廣池千九郎(法学博士、1866~1938)が提唱した道徳と経済は一体であるという「道徳経済一体思想」

麗澤大学学長

徳永 澄憲 (とくなが すみのり)

 

国際学部長メッセージ

人をつなぎ、学問をつなぎ、世界をつなぐ。

めまぐるしく変化する国際社会に、揺るがない力を。

急速なグローバル化が進む現代、私たちの日常には多様な価値が氾濫しています。価値の多様化は、新たな“発見”や“出会い”の機会を生み、社会を活性化させる一方で、人々の間に様々なストレスをもたらし、 “生きにくさ”の原因にもなっています。現代社会が直面するこうした課題に、どう向き合って対処すべきなのか…。2020年、麗澤大学が社会に向けて発信するひとつの“回答” が、「多様な価値との共生」を掲げた国際学部の設立です。

国際学部では、異なる文化や価値を“つなぐ”ことで何が起きるかを研究します。人々がこれまで蓄積してきた様々な“知恵”を材料に、それをつなぐことで、世界を変える化学反応を起こす…、これが国際学部の考え方です。外国人留学生を含めたクラス編成や、人文科学から社会科学までの幅広さを持つカリキュラム、教室の中と外をつなぐGatewayProjectの打ち出しなどは、すべてこうした考えに基づくものです。私たちはこれをもとに、国際学部の考え方を語る次のような物語(ストーリー)を作り上げました。

異なる異質の2本の澤が合流すると、新たなひとつの力強い流れが生まれます。その新たな流れは、もはや元の2本の小さな麗しい澤とは別の価値を持った新しい流れとなり、やがて海へと流れ出していく。この海のかなたに広がっているのは「世界」。そこには我々がまだ知らない「新たな価値」「新しい知のあり方」という“宝物” が隠されているはず。この宝物を探し求めて荒海の大航海に打って出る帆船が一隻。乗組員は、総勢約200名。決して大きくはないが、傷つきながらも確かな足取りで“知の冒険”を続ける一団。これが国際学部です!

私たちは、ともにワクワクしながら“知の冒険”にチャレンジしてくれる仲間(crew)との出会いを望んでいます。世界にとって、良いこと、役立つことを一緒に考えてみませんか。

 

国際学部長

野林 靖彦

 

国際学部 専攻長メッセージ

日本学・国際コミュニケーション専攻

 

国際交流・国際協力専攻

 

グローバルビジネス専攻