「マナー川柳」の募集を実施しました!
2008.11.7

9月18日より10月10日まで、大学職員による「環境美化プロジェクト(以下、KBP)」が主催となり、学生を対象とした「マナー川柳」の募集を行い、普段気になっているマナーについて、川柳でそれぞれの思いを表現していただきました。
約1ヶ月で60件近くの応募があり、中山学長およびKBPメンバーによる厳正な選考により、学内マナーを意識するような独創的な作品4点が選出、表彰され、賞状等が授与されました。
表彰作品は以下のとおりです。

佳作 「ポイ捨ては 君の心も 汚してる」
英語学科 2年    立原 直美さん
入選 「助け合い 大事な何かが サンライズ」
日本語学科 3年   久保田 雄輝さん
入選 「ゴミだけど ゴミじゃなかった 5秒前」
英語学科 3年    坂巻 沙冬子さん
特別賞「『会いたいよ…』 ゴミは恋人 ゴミ箱の」
国際経営学科 2年  ジルソン ナスターシャさん
(特別賞―留学生による応募作品の中から選出いたしました)

このうち、学長室にて行われた表彰式に出席した、立原直美さんと久保田雄輝さんは、普段から学内でのゴミ・タバコのポイ捨てや、喫煙所以外での喫煙などが 気になっていたとのことで、「なかなか注意しあえない学内でのマナー違反に少しでも気づいてもらいたかった」(立原さん)、「堅苦しくなく、逆に目を引く ような内容にしたかった」(久保田さん)、と、川柳創作時の思いをそれぞれ語ってくださいました。
なお、今回表彰された作品については、環境美化プロジェクトが作成する、マナー向上を目的としたポスターや広報物等に使用される予定です。

 

2号棟前でも募集を呼びかけました

中山学長と表彰式に出席された立原さん(右)、久保田さん(左)

自身の作品やマナーに対する想いを語ってくれました