平成24年度 課外活動懇談会 開催
2012.7.5

毎年開催している課外活動懇談会も今年度で12回目を迎えました。日頃熱心にご指導を頂いている、監督・コーチの方々への感謝の気持ちをお伝えすると同時に、意見交換の場として、教職員含め約30名が「Reitaku Student Plaza “はなみずき”」に会し、開催されました。今年度は企画内容を改め、第一部に「顧問・監督・コーチ会」を実施し、第二部に食事を交えた「懇談会」を開催しました。 第一部の開会に先立ち、中山理 学長より、監督・コーチの皆さまへ、日頃のご指導に対しての御礼と労いの言葉が述べられ、会が始まりました。次に、学生支援グループから課外活動への加入率の推移や、課外活動の活性化への取り組みを中心とした報告を行いました。その後、顧問及び監督・コーチの先生方から、現状の報告や、要望など貴重なご意見を頂戴しました。第一部の最後には、前川能教 学務部長に総評を頂きました。

中山学長の挨拶

顧問・監督・コーチ会 風景

第二部では、懇談会を実施しました。はじめに、長谷川泰隆 経済学部教授(サッカー部顧問)から乾杯のご発声を頂き、第二部がスタートしました。会の途中、中野千秋 経済学部教授(馬術部・球技サークル・Refree顧問)、丹羽重信監督(野球部)、大石勝監督(陸上競技部)の3名の方からスピーチを頂戴しました。
最後に、田島正幸 学務副部長の中締めで、平成24年度課外活動懇談会は閉会となりました。

中野千秋顧問のスピーチ

コーチの方々とお話をする中山学長

懇談会風景1

懇談会風景2