麗澤大学 『英語劇グループ 卒業公演』開催
2018.2.14

 麗澤大学 英語劇グループは、 2月24日(土)に4年生の卒業公演を開催します。卒業公演は、4年生にとって最後の大舞台となります。 同グループの年4回の上演には、例年開演前から公演を待ちわびる人々の大行列ができます。

 英語劇グループは、1935年の開学以来の伝統を持ち、俳優・田中邦衛氏をはじめ、各界で活躍する人材を数多く輩出してきました。英語のネイティブスピーカーの教員が顧問を務め、指導もすべて英語で行なわれる英語劇グループは、全国の大学でも珍しい存在です。ジェスチャーから発声、発音の仕方まで全て英語で指導しますので、英語劇グループの活動そのものが英語力の向上に直結します。

 今回は顧問兼演出家であるマーウィン・トリキアン准教授とケヴィン・マッカラク講師が共同で脚本を手がけました。タイトルは”Selfie(セルフィ)”。 TVのリアリティ・ショーに参加している8人の登場人物を扱ったコメディです。彼らは大きな家で共同生活をしながら、一番人気のハウスメイトになろうと争っています。表面上は皆楽しげで友好的ですが、実際は、自分がなんとかして一番人気になろうと、お互い相手を傷つけてやろうとするのです。

実施概要

公演タイトル:麗澤大学 卒業公演 “Selfie(セルフィ)”
日時            : 平成30年2月24日(土)17:00開演 (16:30開場)
場所            : 麗澤大学 キャンパス内 小劇場
※申込・参加費 不要

【担当教員について】

TORIKIAN, Merwyn (トリキアン、 マーウィン)
麗澤大学 外国語学部 准教授
イギリスのブリストル大学教育学研究科修了(教育学修士)。 研究テーマは外国語としての英語教育とコンピュータを使った言語教育。 先任者から引き継ぎ、 1992年より英語劇グループの顧問兼演出家を務める。