【卒業生の活躍】櫛山万葉さんが青年海外協力隊員としてアフリカのウガンダへ!

2018年3月に外国語学科 国際交流・国際協力専攻を卒業された櫛山万葉(くしやま かずは)さんが、2018年7月10日から2年間、青年海外協力隊としてアフリカのウガンダへ派遣が決まりました。

櫛山さん

青年海外協力隊員の名札

 

 

 

 

 

 

 

櫛山さんは青年海外協力隊のコミュニティ開発という職種での派遣で、現地では水の防衛隊として井戸の管理や子供たちへ衛生教育などを通して、安全な水を生活を通して使ってもらえるための支援を行ないます。

派遣期間は2年間ですが、最初の1ヶ月間は現地での訓練からスタートするそうです。訓練内容は現地語の習得や現地での過ごし方など。櫛山さんの派遣先の言語は英語とソガ語なので、ソガ語を最初の1ヶ月で学びます。

派遣を2週間前に控えた櫛山さんは「在学中に国際交流・国際協力専攻で学んだことを忘れず、全力で楽しみながら2年間を充実させたいと思います」と意気込みをコメントしてくれました。

怪我や病気に気をつけて、現地でのご活躍を期待しています!

櫛山さんには在学中にもインタビューをしています。

こちらからご覧ください。