英語劇グループ後期公演のお知らせ
2018.10.9

 麗澤大学の数ある課外活動団体の中でも歴史と伝統を誇る英語劇グループ。
今年も恒例の後期公演を行ないます。皆様お誘い合わせの上、ぜひご観劇ください!

 今回の後期公演では、総勢23人でシェイクスピアの『リア王』を上演致します。

 この劇は、シェイクスピアの作品の中でも有名な悲劇作品です。観客の皆様により深く伝わるように、日本語での解説を含めております。皆様お誘い合わせの上、是非ご来場ください。部員一同、皆様のご来場を心待ちしております。

【あらすじ】

 英国の統治者リア王は齢80を超え、3つの土地を彼の娘である、ゴネリル、リーガン、コーデリアに分け与える事にした。その前にリア王は、彼女達に自分をどれほど愛しているかと問う。ゴネリル、リーガンは心にもないリア王への深い愛を表現したが、コーデリアは王を愛することは自身の義務であると伝える。リア王はそのことに激怒し、コーデリアと彼女を庇ったケント伯を追放してしまった。追放されたケント伯は変装し、再びリア王に仕えることにした。
 しかし、土地を与えた後2人の娘ゴネリルとリーガンの態度は豹変し、リア王を裏切るのであった。娘たちからの裏切りにより、リア王は次第に狂気に取り憑かれ、荒野をさまよっていく…。

【開催情報】

『King Lear』
【日程】11月3日(土)
    11月10日(土)
    開場 : 16:30 開演:17:00
【場所】SMALL THEATRE (学生食堂ひいらぎ近く)