プレゼンテーション能力向上の秘訣は『本』 「ビブリオバトル」開催
2018.10.23

 本学は10月26日(金)に「ビブリオバトル」を開催します。ビブリオバトルとは本の紹介コミュニケーションゲームで、 「人を通して本を知る、本を通して人を知る」をキャッチコピーに日本全国に広がっている取り組みです。
 現在では、 教育機関のみならず、一般企業の研修、図書館、書店、サークルなどで広く活用されています。実際に発表参加者は、自身が読んで面白いと思った本の魅力を5分間で語り、2分間の質疑応答後、 「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を行い、一番多くの票を集めたものが「チャンプ本」に認定されます。
 今回のビブリオバトルにて、「チャンプ本賞」を受賞した参加者は、11月10日(土)に柏市立図書館(本館)にて開催される「平成30年度柏市立図書館・柏市内大学図書館合同企画展」ビブリオバトルの決勝大会)へ麗澤大学の代表発表者として参加資格を得られます。 この決勝には、柏市立図書館(本館)、開智国際大学図書館、二松学舎大学付属図書館(柏)、 東京大学柏図書館からそれぞれ1名が出場します。
  ビブリオバトルに参加するにあたり、発表者は紹介する本を繰り返し読み、その本のストーリーや、魅力などを自分の言葉で表現するために工夫を凝らします。また、自分の思いを5分間という限られた時間で参加者全員に伝えるために、どのような伝え方をしたら効果的かを考え、発表の準備を積み重ねていきます。この過程は、発表参加者のコミュニケーション能力の向上のみならず、 プレゼンテーション力の向上にも繋がります。さらに、発表を聞く側の参加者から発せられる質問からも、 新たな視点や新たな学びを得ることができます。
 本学では、今後も学生の思考力、 表現力、 発表力向上のために「ビブリオバトル」を活用していきたいと考えています。 ビブリオバトルの概要は以下の通りです。

【ビブリオバトル】
■日時: 平成30年10月26日(金)15:30~16:30終了予定
■場所: 麗澤大学図書館1階閲覧席
■発表者: 麗澤大学在学生4名

プレスリリース原稿はこちら