【2日連続!全国紙掲載①】内尾助教著『復興と尊厳』が朝日新聞で紹介されました!
2019.2.12

 外国語学部助教の内尾太一先生の著書『復興と尊厳:震災後を生きる南三陸町の軌跡』が、201929日の朝日新聞の書評欄で紹介されました。(評者は、音楽家・エッセイストの寺尾紗穂氏) 

 その書評記事では、「『おすそわけ』できる人間関係」という見出しとともに、書影写真付きで『復興と尊厳』が独自の観点から読み解かれています。 

 例えば、同書に収められた被災地支援の事例研究については、「与えられるだけでなく、自らも与えることが可能な人間関係の健全さが、人が生きる上で尊厳につながる重みを持つことに気づかされる」と評しています。 

書評の全文はこちらからもご覧いただけます。 

 内尾先生の著書『復興と尊厳:震災後を生きる南三陸町の軌跡』の書誌情報は、東京大学出版会のウェブページからもご確認頂けます。

 本学からの出版のニュースリリースはこちらをご確認ください。

内尾先生

復興と尊厳