【開催報告】ROCK特別講演会2019前期第1回:所功氏 ご講演
2019.5.31

総合テーマ:平成を振り返り、新たな時代を展望する

 前期 第1回は5月18日(土)に「新天皇と新元号のナゾ解き」と題して、所 功氏(モラロジー研究所教授、麗澤大学客員教授)に、ご講演いただきました。当日は、初夏のおとずれを感じるほどの眩しい日差しが差し込む中、会場には108名の方々が集まり、所氏のご講演を熱心に聴講されました。

 次回の特別講演会(前期第2回)は、6月15日(土)開催予定です。
元編集者・元文藝春秋常務取締役・日本経済新聞出版社会長の斎藤 禎氏をお招きし、
「米中「新冷戦」時代に考える―冷戦期アメリカの対外文化戦略と日本―」と題して開催します。