【開催報告】第9期麗澤模擬国連団体が大会に向けて中間報告会を開催
2019.7.25

7月18日の昼休みに、校舎「あすなろ」iLoungeにて、第9期麗澤模擬国連団体の「中間報告会」が開催されました。

同団体は2011年に両学部8名のメンバーで発足し、今年で9期目を迎え、11月初旬にワシントンD.C.で開催される「全米模擬国連大会」に挑みます。
今年は、平野友美さん(外国語学部4年)をリーダーに、シリアの代表団として、以下の4委員会に参加します。

・General Assembly First Committee (GA1):国連総会第一委員会(軍縮と国際安全保障)
・General Assembly Fourth Committee (GA4):国連総会第四委員会(特別政治と非植民地化)
・Food and Agriculture Organization of the United Nations (FAO):国連食糧農業機関
・United Nations Environmental Assembly (UNEA):国連環境計画

中間報告会では、模擬国連の説明やこれまでの活動紹介にはじまり、4つの委員会のトピック報告しました。
麗澤スピリットを胸に、ワシントンD.C.での活躍することを、応援しています。

以下は、リーダー・平野友美さんからのメッセージを紹介します。

中間報告会はすべて英語で執り行い、麗澤模擬国連の活動紹介や参加した感想などを発表しました。
当日は学生、日本人・ネイティブの先生方、職員の方々、そして学長など実に多くの方々に足を運んでいただき、終始皆さんからの真剣でエールのこもった眼差しを感じることができたのが印象的でした。
夏休み以降の活動で更なる努力が必要になることは間違いありません。
これまでやってきたことを踏み台に、一人ひとりが”もう一歩踏み出す勇気を出すこと”を忘れずに楽しんでいきたいです!

模擬国連中間報告会

麗澤模擬国連団体の歩み

各委員会からの説明

大会への意気込みを語るメンバー

リーダー・平野さん挨拶

顧問・リチャード・ウォーカー先生挨拶