【開催報告】令和元年度 教員免許状更新講習を開催
2019.8.19

 7月27日(土)、28日(日)、8月5日(月)、6日(火)、7日(水)の5日間、教員免許状更新講習を下記のとおり開催いたしました。5日間で204名(内10名は全講習)に受講いただきました。
 本講習は、平成21年から「その時々で教員として必要な資質能力が保持されるよう、定期的に最新の知識技能を身に付けることで、教員が自信と誇りを持って教壇に立ち、社会の尊敬と信頼を得ることを目指すこと」を目的に導入された教員免許更新制度に基づくもので、今年で11回目となります。

講習領域

講習名

講習時間

実施日

選択

英語授業の見直しと改善

12時間

7月27日(土)、28日(日)

選択

教育の最新事情

6時間

8月5日(月)

選択必修

学習指導要領と組織的対応

6時間

8月6日(火)

必修

道徳教育の現状と課題

6時間

8月7日(水)

 「英語指導法ブラッシュアップ」は、受講者からは「楽しく刺激のある講習だった」、「実践的内容に重点を置いていただき参考になった」といった、講習を受けて、早速授業で実践をしたい、というような声をいただきました。

 「【必修】教育の最新事情」は国の教育政策や世界の教育の動向についての子どもの成長、いじめ、不登校、対人関係等カウンセリング論などの観点からから、多面的な角度で、教育の最新事情についての講義が行われました。受講者からは「現在教員に求められる力を学べた」、「自校の実態に合わせて現場で実践したい内容だった」といったお声をいただきました。

 「【選択必修】学習指導要領と組織的対応」は、学習指導要領の改訂動向を踏まえた今日的課題の講義や、グループワーク等を通した、学校現場での組織的対応のあり方等の議論がなされました。受講者からは「初心にかえることができ、2学期からがんばろうという気になれた」、「ペアワークでは異業種の先生方とも繋がれて勉強になった」といったお声をいただきました。

 「道徳教育の現状と課題」は、道徳教育の歴史的変遷を踏まえた現状と課題についての講義がなされ、グループディスカッションを通じて、各校の道徳科学の現状や取り組みについて情報交換がなされ、活発な議論が飛び交っておりました。受講者からは「(道徳が教科化となり)教材研究に悩んでいる自分には大変意義があった」、「グループワークで他校の取り組みを聞けて」といったお声をいただきました。

 今年度も積極的な受講者が多く、休憩時間や、講座終了後にも講師に質問をしたり、受講者同士で意見交換をしたりする姿も見られました。当講習での学びが、それぞれの教育現場で生かされますことを心より祈っております。

  

望月講師                        森秀夫講師

  

ストラック.A.N講師                  佐藤良子講師

  

原田講師                        齋藤之誉講師

  

広中講師                       江島講師

グループワーク模様