【予告】2021年度麗澤大学入学者選抜について
2019.10.11

                  2021年度麗澤大学入学者選抜について【予告】

(更新部分は赤字表示)

2021年度からの本学入学者選抜については、以下のとおりとします。
詳細な入試区分や選抜方法、科目等については、決定次第、本学ホームページにて公表する予定です。 

1. 入試名称の変更について

現行の名称

2021年度からの名称

AO入試

総合型選抜

推薦入試

(学校長の推薦を伴なう入学試験)

学校推薦型選抜

一般入試

一般選抜

大学入試センター試験利用入試

大学入学共通テスト利用者選抜

 

2. 大学入学共通テストの利用について

大学入学共通テストを利用した入学者選抜を行います。各学部・学科が指定する大学入学共通テストの教科・科目の成績を利用して評価します。教科・科目および、出題の範囲等については決定次第、公表します。

1)大学入学共通テストの記述式評価について
・「国語」については、記述式問題の結果を評価に利用します。評価方法は、段階別評価を点数化して加点します。
・「数学」については、記述式問題の結果を含む得点を評価に利用します。

3. 「JAPAN e-Portfolio」の利用について

「JAPAN e-Portfolio」は利用しません。


4. 一般選抜における記述式問題の導入について

一般選抜(本学独自試験)では記述式問題は導入しません。解答方式は「マークシート方式」です。

5. 「大学入試英語成績提供システム」の活用について
  「大学入試英語成績提供システム」を利用します。
  一般選抜では大学入学共通テストを利用する入学者選抜に「大学入試英語成績提供システム」を併用する方式と併用しない方式を実施します。
  併用する方式では、CEFRの段階に応じ得点化し、共通テストの得点との合計点で評価をします。

  総合型選抜及び学校推薦型選抜では外国語学部と国際学部で出願条件として利用します。
  総合型選抜での出願資格は外国語学部はB1もしくはA2以上(専攻により異なります)を、国際学部ではA2以上を条件とします。
  学校推薦型選抜では外国語の評定平均が満たない場合、代替え措置としてB1以上を条件とします。
  総合型選抜及び学校推薦型選抜では「大学入試英語成績提供システム」で提供される英語4技能資格検定試験に加え、
  本学が指定した資格検定試験も出願条件とします。
  「大学入試英語成績提供システム」を利用しない場合は、資格検定試験の合格を証明する書類(原本)の提出を求めます。

  なお、対象の資格検定試験は大学入学英語成績提供システムにて対象となる全ての資格検定試験を対象とします。
  2回の成績が登録されている場合、受験日に限らずCEFRの段階やスコアの良い方の成績を対象とします。

6. 3月に実施する試験の受験科目数の変更について
   3月に実施する入試においては、2科目で合否判定を行います。科目、配点等は決定次第、公表します。

7. 「学力の3要素」の評価について
   一般選抜において、「主体性・多様性・協調性」を評価する方向で検討をしています。詳細は決定次第、公表します。


今回の公表内容は、2019年8月8日付の公表内容を一部変更しております。

なお、上記予告内容は2019年10月現在の予定であり今後も内容を、一部変更となる場合があります。変更が生じた場合は、随時本学ホームページでお知らせいたします。