高 巖
高 巖 (TAKA, Iwao)
職名
教授
研究科
経済研究科
学部
経済学部
学科
経営学科
専門分野

・ビジネス・エシックス
・企業と社会

研究テーマ

・企業倫理
・コンプライアンス
・企業の社会的責任

学歴

・早稲田大学博士課程商学研究科経営経済専攻 修了
・早稲田大学修士課程商学研究科経営経済専攻 修了
・麗澤大学外国語学部イギリス語学科 卒業

取得学位

・商学博士(早稲田大学)
・商学修士(早稲田大学)

受賞歴

・消費者支援功労者「内閣総理大臣表彰」(内閣総理大臣)
・国際企業倫理コンプライアンス賞(全米企業倫理コンプライアンス協会(SCCE))
・学長賞(麗澤大学)
・学長奨励賞(麗澤大学)
・高宮賞(組織学会)

主要経歴

・鹿児島大学稲盛アカデミー 客員教授
・内閣府消費者委員会 委員長
・麗澤大学大学院経済研究科 教授
・麗澤大学経済学部 教授
・京都大学経営管理大学院 客員教授
・早稲田大学産業経営研究所 特別研究員
・米ウォートン・スクール 客員研究員
・早稲田大学社会科学部 特別研究員

著書

・『日本航空の破綻と再生』共著 ミネルヴァ書房(2019.05.30)
・『女子高生と学ぶ稲盛哲学』単著 日経BP社(2015年12月)
・『外国公務員贈賄防止に係わる内部統制ガイダンス』単著 企業倫理研究センター(2014.04.03)
・『ビジネスエシックス[企業倫理]』単著 日本経済新聞出版社(2013.04)
・『コンプライアンスの知識』(第2版)単著 日本経済新聞出版社(2010.06)
・『「誠実さ」を貫く経営』単著 日本経済新聞社(2006.03)
・『CSR:企業価値をどう高めるか』編著 日本経済新聞社(2004.11)
・『ビジネス・エシックス—企業の社会的責任と倫理法令遵守マネジメントシステム—』共著 文眞堂(2003.12)

学術論文

・「グローバル・リスクとしての海外腐敗行為:ナイジェリア贈賄事件を巡って」『麗澤経済研究』第20巻第2号 共著 麗澤経済学会(2013.09)
・「いかにISO26000を個別組織に導入するか:『麗澤大学・ISO26000管理一覧』を巡って」『麗澤経済研究』第20巻第1号 単著 麗澤経済学会(2012.03)
・“Fairness in International Trade and Business Ethics: A Japanese Perspective” Fairness in International Trade, The International Society of Business, Economics, and Ethics Book Series 1, G. Moore (ed.) 単著 Springer Science + Business Media B.V.(2012.06)
・“Le Japon et les Objectifs du Millnaire pour le Dveloppement: La Confrence Internationale de Tokyo sur le Dveloppement en Afrique (TICAD)” Ethique et Societe, Vol.5, No.3, 2009 単著(2009)
・「経営理念はパフォーマンスに影響を及ぼすか:経営理念の浸透に関する調査結果をもとに」『麗澤経済研究』第18巻第1号 単著 麗澤経済学会(2010.03)
・「新たな排出量取引制度の提唱:キャップ&トレードの限界を回避する仕組み」『麗澤経済研究』第18巻第1号 単著 麗澤経済学会(2010.03)
・“Overcoming the Problems Inherent in Cap & Trade Programs: Proposals for a New Emissions Trading System Based on the Experience of the Reitaku University Model" Reitaku International Journal of Economic Studies Vol.18 No.1. 単著 麗澤経済学会(2010.03)
・「産業界の視点から『排出権取引制度』を構想する:Non-Cap Approachの提唱」『麗澤経済研究』第17巻第2号 共著 麗澤経済学会(2009.09)
・“Business Ethics: A Japanese View” Scaling The Corporate Wall: Readings in Business and Society, (2nd ed.) by S. Prakash Sethi, Paul Steidlmeier, and Cecilia M. Falbe 単著 Prentice-Hall(1997)
・“Business Ethics in Japan” Journal of Business Ethics, Vol.16, No.14. 単著(1997.10)

その他

・“Are You Ready for ISO CSR Standard?” 単著 The 3rd ISBEE Proceedings(2004.06)
・「排出枠有償で期限付けよ」(経済教室)共著 日本経済新聞(2009.08.13)
・「金融危機で問われる企業倫理」(経済教室)単著 日本経済新聞(2008.11.21)

先生をもっと知りたい

教員プロフィール

企業の社会的責任やビジネスエシックスを専門的に研究しています。現在は、3つをテーマに研究や教育を行っています。第1は、ビジネスエシックスを巡る哲学と思想に関する研究、第2は、ビジネスのグローバル化に伴って企業の関心が大きくなっている海外腐敗問題(贈収賄問題)への対応、第3は、日本航空の破綻と再生を巡る因果関係の包括的な整理です。

教職員への一問一答

好きな言葉(座右の銘)を教えて下さい。
Uncompromising integrity でしょうか。
休日の過ごし方や趣味を教えてください。
スポーツクラグに行って運動しています。最近、水泳も始めました。
1週間の休みと100万円が自由に使えたら、どこで、何をしますか?
海外で仕事をしている息子夫婦のところに行き、結婚式をあげてやりたいです。
過去の1日で、「もう1度やり直せる日」があるとしたら、それはいつで、どうしたいですか?
特にありません。
大学4年間で「学生に訪れてほしい場所」はどこですか?その理由も教えて下さい。
イタリアのベネチア、フィレンツェ、ローマ、そしてバチカンを訪ねて欲しいですね。ヨーロッパの歴史を肌で感じることができるからです。またバチカン美術館では、署名の間に描かれている「アテネの学堂」をじっくり鑑賞して欲しいです。ラファエロが古代ギリシャの哲学者たちをどう描いたのか、楽しんできてください。
大学4年間で「学生に読んでほしい本」は何ですか?その理由も教えて下さい。
難波田晴夫著『国家と経済』。私自身が研究を志ざすきっかけとなった著書だからです。古い本ではありますが、内容と論理には、感動するものがあります。