特待生制度・入学検定料割引制度

特待生制度 -スカラシップ制度-

麗澤大学ではお財布にも優しく、特典も盛りだくさんの特待生制度を設けました。
自信をもってオススメできる制度ですので、ぜひチャレンジしてください!

制度内容

※対象条件の補足説明はこちらよりご覧ください。

特待生制度はどれ位お得なの?

授業料は年間¥230,000。

私立文系大学平均より圧倒的に安く、国公立大学並みの学費を実現。

在学4年間、支給を継続可能。

最大¥2,400,000を給付!
「廣池千九郎生誕150年記念スカラシップ制度」を利用し続ければ国公立大学以下の学費に!

給付対象者は一般2月入試の上位100位まで!

年内入試の受験者(合否にかかわらず)も通常¥35,000のところ¥5,000でチャレンジできます!

入学後の特典はどんなものがあるの?

特典その1

留学奨学金を優先的に受けられる

外国語学部経済学部

麗澤大学の特徴の一つは留学派遣者数です。
外国語学部はもちろん経済学部でも毎年多くの学生が留学しており、語学力と共に国際社会で生きる感性を磨いています。

特典その2

上手に稼げ学べるアルバイトに採用

外国語学部経済学部

SA(Student Assistant)への採用(大学とのアルバイト契約)を優先的に行います。SAは、大学から給与を受け取って、教員の講義を補助したり、自主学習を行う他の学生の質問に答えたりします。講義の補助を通じて人に物を教える側の視点・ノウハウを学べますし、他の学生に教えることで自らの理解も深まります。

特典その3

資格・検定試験の受験料を全額補助

外国語学部経済学部

対象となる資格・検定に合格した場合、「受験料全額」を補助します。専門の学びだけではなく、自己の能力を客観的基準によりアピールできる各種資格・免許の取得も支援します。

特典その4

自分だけのカリキュラムを実現!アドバンスト・プログラムが受講できる

経済学部

特典その5

インターンシップ・海外インターンシップに優先的に参加できる

外国語学部経済学部

入学検定料割引制度

本学の入学試験では、“リーズナブルに”そして麗澤大学に“たくさん”チャレンジしていただけるよう、さまざまな入学検定料の割引制度を設けました。
ここでは、その中でも皆さんにオススメのものをピックアップいたしましたので、ぜひ出願を考えてみてください!

年内入試に出願して、年明けの入試にも出願した場合、検定料は割り引かれますか?
割り引かれます。AO入試や指定校、公募推薦入試と一般2月入試あるいはセンター試験利用入試の両方に出願することで、検定料が大幅に割り引かれます。

ここがポイント

  1. 一般2月入試は1出願プラス¥5,000で出願できる!
  2. センター試験利用入試も1出願プラス¥5,000で出願できる!
それぞれの入試を単体で出願した場合 → 割引なし

検定料

AO入試 ¥35,000 公募推薦入試 ¥35,000
一般2月入試 ¥35,000 3専攻まで併願可能
センター試験利用入試 ¥17,000 3専攻まで併願可能
割引制度を使って出願した場合の例 → 割引あり

検定料

公募推薦入試¥35,000 + 一般2月入試¥5,000 = ¥40,000
(A、B日程両日出願する場合は¥10,000)

プラス¥5,000で3専攻まで併願が可能!

こんなプランも!

年内に合格を獲得し、特待生制度にもチャレンジしたい!

年内に自己推薦入試で合格を獲得しておいて、特待生制度に採用されるチャンスがある一般2月入試の併願割引を使って3専攻に出願すると ¥35,000+¥5,000=合計4専攻出願で¥40,000

センター試験を上手く使って出願したいのですが、検定料割引はありますか?
あります。1出願¥17,000で、最大3専攻まで併願が可能です(経済学部 センター試験利用入試Ⅲ期を除く)。また、入試区分(科目型単位)を1つ追加するごとに、+¥10,000でさらにプラス3専攻の併願が可能です。

ここがポイント

  1. 1出願で3専攻まで併願できて、¥17,000!(センター試験利用入試Ⅰ期、Ⅱ期のみ)
  2. 1つの科目型を追加することでプラス3専攻まで併願が可能に!
  3. センター試験利用入試の2科目型、3科目型、4科目型、さらに学部を跨いでの組み合わせもOK!
  4. 科目型が変われば、第一志望の同じ専攻に出願することができ、合格チャンスを膨らますこともできます♪
科目型単体で出願した場合 → 割引なし

検定料

2科目型¥17,000、3科目型¥17,000、4科目型¥17,000 3専攻まで併願可能
割引制度を使って出願した場合の例 → 割引あり

検定料

2科目型¥17,000 + 3科目型¥10,000 = ¥27,000

プラス¥10,000で3専攻まで併願が可能!

センタープラス入試があります。センタープラス入試では、センター試験で受験した高得点1科目と一般2月または一般3月入試で受験した高得点1科目の2科目で合否判定をします。

一般2月入試または一般3月入試を受験する必要があります。

ここがポイント

  1. 高得点科目で合否判定を行うため、得点科目を活かした受験が可能!
  2. 一般2月入試とセンタープラス入試でそれぞれ3専攻併願が可能
  3. センタープラス入試は検定料¥0!
一般入試を1日だけ出願した場合 → 割引なし

検定料

一般2月入試(A日程) ¥35,000
センター試験を受験していた場合 → 割引あり

検定料

一般2月入試(A日程) ¥35,000 + センタープラス入試Ⅰ期 ¥0 = ¥35,000

一般入試の検定料で2つの入試を受験できる!

こんなプランも!

1つの専攻に決めきれないのでいろいろ出願したい!

2科目型で英語・リベラルアーツ専攻+英語コミュニケーション専攻+国際交流・国際協力専攻、加えて3科目型でドイツ語・ドイツ文化専攻+国際交流・国際協力専攻+日本語・国際コミュニケーション専攻、さらに、4科目型受験で、国際交流・国際協力専攻+日本語・国際コミュニケーション専攻+中国語専攻 2科目型¥17,000+3科目型¥10,000+4科目型¥10,000=合計3出願で¥37,000

一般2月入試を2日間出願して合格の可能性を高めたいのですが…。
一般2月入試A日程、B日程の2日間を受験することで、最大6専攻を併願することができ、合格の可能性を高められます。

ここがポイント

  1. 一般2月入試は3専攻まで¥35,000で併願が可能(A日程またはB日程の出願)
  2. A日程とB日程を別々に出願すると通常¥70,000のところ、同時出願でプラス¥10,000の¥45,000で6専攻まで併願可能
  3. 年内入試(AO、推薦入試)を受験していれば、なんと1出願プラス¥5,000で3専攻までの併願が可能
一般入試を1日だけ出願した場合 → 割引なし

検定料

一般2月入試A日程出願 ¥35,000  3専攻まで併願可能
一般2月入試B日程出願 ¥35,000  3専攻まで併願可能
割引制度を使って出願した場合 → 割引あり

検定料

A日程¥35,000 + B日程¥10,000 = ¥45,000

プラス¥10,000で6専攻まで併願が可能!

こんなプランも!

特待生制度に採用される可能性をグッと高めたい

特待生制度の対象になるのは一般2月入試の上位100位のみ。
A日程とB日程の併願で合格率はもちろん、特待生制度に採用される可能性もグッと高まります!

たくさんの専攻を併願したいのですが、いいプランはありますか?
割引制度を使えば一般2月入試とセンター試験利用入試Ⅰ期の両方にかなりお得な検定料で出願ができ、多くの専攻を併願することができます。

ここがポイント

  1. センター試験利用入試は3専攻まで¥17,000で併願が可能
  2. 一般2月入試A日程・B日程の併願に加えて、センター試験利用入試Ⅰ期の科目型(2科目、3科目、4科目)を追加することでさらに多くの併願が可能。
  3. 一般2月入試、センター試験利用入試で必ず麗澤大学に合格したい人におすすめ!
それぞれの入試に単体で出願した場合 → 割引なし

検定料

一般2月入試A日程出願 ¥35,000
一般2月入試B日程出願 ¥35,000
センター試験利用入試Ⅰ期「3科目型」出願 ¥17,000  それぞれ3専攻まで併願可能
割引制度を使って出願した場合 → 割引あり

検定料

A日程¥35,000+B日程¥10,000 + センター試験利用入試Ⅰ期「3科目型」¥10,000 = ¥55,000

¥55,000で9専攻まで併願可能!

こんなプランも!

可能な限り出願して、必ず合格したい!

とにかく麗澤大学に合格したい!という人は可能な限り併願割引を活用しましょう。

一般2月入試A日程¥35,000+一般2月入試B日程¥10,000+センター試験利用入試Ⅰ期2科目型¥10,000+センター試験利用入試Ⅰ期3科目型¥10,000+センター試験利用入試Ⅰ期4科目型¥10,000=合計15専攻併願で¥75,000