経済学部 経営学科スポーツビジネス専攻

"経営⼒""⼈間⼒" を備え、
スポーツビジネスを通じて
地域社会やグローバル社会で
貢献できる⼈材を育成します。

学びの特色

スポーツビジネスを、
⽣涯の仕事にする⼒を磨く。

今、⼦どもや⾼齢者向けのスポーツ教室を運営できる⼈材や、スポーツイベントをマネジメントできる⼈材のニーズが急速に⾼まっています。本専攻は、「スポーツビジネスを⼀⽣の仕事にするために必要な理論・技術・ノウハウ」を学びます。実践的な学びにより、スポーツビジネスで活躍できる⼈材を育成します。

スポーツビジネスで必要となる、
3つの⼒を養成。

スポーツクラブやスポーツイベントを運営するための"経営⼒"。また、クラブやイベント参加者と運営スタッフとの良好な関係が築ける"⼈間⼒"。そして、スポーツ医科学の知識や指導技術と言える"スポーツ⼒"。スポーツビジネスで活躍するために、どれも⽋かせない能⼒です。実践的なカリキュラムで、これらの⼒を養います。

資格につながる授業や実習で、
全⾯的にサポート。

地域でスポーツクラブの運営や指導を⾏う際には「スポーツリーダー」などの資格が、またスポーツイベントの開催には「レクリエーション・インストラクター」の資格が有効です。これらの資格につながる授業や実習が豊富にあります。

4年間の学習の流れ

スポーツ業界で活きる経営感覚と⼈間⼒を学びます。

授業紹介

スポーツビジネスの"今" を知る。

スポーツ経営
寺本 佳苗 准教授
今後ますます発展する分野を
最新の事例で学ぶ。

スポーツに関連する組織のマネジメントをメインテーマに、スポーツツーリズムやガバナンスについても取り上げ、スポーツビジネスに関する現在の動きをとらえます。演習ではチームでのプレゼンテーションを⾏い、チームワーク良くテーマに取り組み、対話しながら情報を論理的に整理し、説得⼒をもって伝えることを⾝につけます。

スポーツの価値を再認識する。

スポーツとモラル
江島 顕一 准教授
⾃分が取り組んできた競技に
照らして⾒えてくるもの。

スポーツには、相⼿への敬意やルールの遵守といった⼈間形成に寄与する側⾯があります。この授業では、スポーツに本来的に内在する道徳性、誠実さを歴史や事例から理解することを通じて、受講者各⾃が取り組んできた競技を新たな視点でとらえ直し、スポーツが与えてくれる教育的意義の再認識とスポーツ観の再構築を⽬指します。

プロチーム、スポーツブランドを⽀援する。

スポーツPBL
井下 佳織 准教授
プロスポーツチーム、スポーツブランド、
競技団体のための企画をプレゼンテーションする。

ファンが求めるグッズとは何か。スポーツブランド価値を知ってもらう⽅法。スポーツ競技団体のマーケティング戦略。スポーツチーム、団体や会社から与えられた課題を解決するための市場分析・調査をする。チームやブランドに相応しい企画を実現するための⽅法を探り、各企業・団体の⽅へ直接プレゼンテーション。スポーツビジネスを実践的に学びます。

⽬指せる資格/職業

⽬指せる資格

TOEIC® /ファイナンシャル・プランニング技能検定3級・2級/経済学検定試験(EREミクロ・マクロ)/⽇商簿記検定試験3級・2級・1級/ ITパスポート/基本情報技術者試験/ネットワーク接続技術者全種/情報セキュリティマネジメント試験/ MOS(Microsoft Office Specialist):スペシャリストレベル・エキスパートレベル/ MTA(Microsoft Technology Associate):マイクロソフトテクノロジーアソシエイト/ QC検定3級/スポーツリーダー/アシスタントマネジャー/認知症予防ファシリテーター2級/レクリエーション・インストラクター/BLS(⼀次救命処置)/スポーツ・レクリエーション指導者/ICTプロフィシエンシー検定試験(P検)/統計検定試験3級・2級/ Python3エンジニア認定基礎試験/経営学検定試験

進路のイメージ

各種プロスポーツチーム、スポーツメーカー、スポーツイベント企画運営会社、スポーツエージェント、スポーツクラブ、スポーツ団体、介護福祉団体 など