Reitaku University International Exchange Center Reitaku University International Exchange Center

Local Reports

留学生現地レポート

HOME 留学生現地レポート 天津理工大学での寮生活

中国

天津理工大学

天津理工大学での寮生活

中国語専攻2年 齋藤 明希
2017/12/15 New
  天津理工大学に留学している中国語専攻二年の齋藤明希です。このレポートでは、天津理工大学での生活を紹介したいと思います。
  私が住んでいる寮は大学のホテルです。留学生はこのホテルの4階と5階に住んでいます。私の部屋は5階です。下の階には中国人の宿泊客がいるので、たまにエレベーターに一緒に乗ることがあって話しかけられたりします。 5階にはキッチンと洗濯室があります。キッチンには火力が強めのコンロがあります。一度だけそこで肉じゃがを作りましたが、焦げてしまい、とても香ばしい仕上がりになってしまいました。ですが、隣の部屋のタイ人に食べてもらったところ、美味しいと言って食べてくれたのでここの寮のタイ人はとてもいい人です。洗濯室には5台くらい洗濯機がありますが、手前の2つの洗濯機の脱水機能が壊れているので奥の方の洗濯機を使っています。洗濯は10回で35元です。
  部屋は基本的に二人部屋です。私の同室は麗澤の同じ専攻の子です。同室は日本人か外国人か選べます。
部屋の中にトイレとシャワーがあります。トイレは紙は流さないで、ゴミ箱に捨てます。詰まるからです。シャワーは水圧が弱めです。でも慣れれば大丈夫です。 部屋はオートロックです。一度鍵を部屋の中に閉じ込めてしまい、フロントに行って開けてもらいました。部屋を開けてもらうとき、服务员のおばさんに、次は無えからな!と言われてしまい、とても怖かったのでそれから気をつけるようにしています。
 ここでの生活は毎日なにかしら起こって退屈しないし、楽しいです。留学もあと少しで終わるので最後まで充実した留学生活が送れるよう、頑張りたいです。

現地レポート 一覧へ