Reitaku University International Exchange Center Reitaku University International Exchange Center

Local Reports

留学生現地レポート

HOME 留学生現地レポート 現地レポート2

イギリス

リーズ大学

現地レポート2

英語・リベラルアーツ専攻3年 紺谷洋輔
2019/02/11 New
  まず、クリスマス休暇は大体3週間程ありました。イギリスに来る前やこっちに来て最初の方は「せっかくヨーロッパにいるんだからいろんな国に遊びに行ってやろう」と思っていましたが、私は自分自身が根っからの引きこもりであったことを忘れていました。いざクリスマス休暇の予定を立てようと思ったら1学期の平日毎日早起き生活の疲れからか、どこにも行く気が起きませんでした。しかし、せめてロンドンぐらいは行こうと思い、クリスマス休暇を使って1泊2日でロンドンに行ってきました。ロンドンに着いて、今まで写真で見てきた有名な建造物などを見たら感動しましたが、リーズからロンドンまで往復10時間のバス移動はとてもお尻が痛かったです。電車で行くともっと早く着くみたいですが、移動費が高くなってしまうのでその辺はお金を取るか、時間を取るかで考えましょう。行く気が出たらもう1回行ってみたいと思ってます。
   次に、2学期の前半についてです。私は1学期では授業中に積極的に発言出来てなかったことを反省して、2学期では積極的に授業中に発言しています。そんな感じで2学期を過ごしていく中で、休憩中や昼飯時に会った先生に「昔と比べて英語力上がったね」や「いいディスカッションだったね」と言われて、とても嬉しかったです。実際、自惚れかもしれませんが、こっちに来てしばらく過ごしていくうちに、自分でも前よりも英語力が上がってる気がしています。また、リーズ大学ではクラスごとに代表者を出して、クラスごとのフィードバックを代表者が集めて、そのフィードバックを先生とクラスごとの代表者で話し合う制度というか風習があるのですが、私はその代表者になり、1学期よりもより自分を活性化できているように感じています。残り少ない留学生活もこの調子で頑張って、もっと色々なことを経験していきたいと思います。
写真1:ビッグベン(改装中)
写真2:リーズの初日の出
sub_field

現地レポート 一覧へ