麗澤ジャーナル HOME / 外国語学部 / 外国語学科 日本語・国際コミュニケーション専攻 / [日本語・国際コミュニケーション専攻]異文化共生空間を感じてみませんか?(7/21OC)

外国語学科 日本語・国際コミュニケーション専攻

[日本語・国際コミュニケーション専攻]異文化共生空間を感じてみませんか?(7/21OC)

外国語
学部

Foreign studies

外国語学科 日本語・国際コミュニケーション専攻
先生からのメッセージ
[日本語・国際コミュニケーション専攻]異文化共生空間を感じてみませんか?(7/21OC)
日本語・国際コミュニケーション(JIC)専攻
外国語学部 外国語学科
日本語と英語の両方で意思を伝える技術を学びながら、世界におけるたような価値観の存在を知り、“多文化共生の方法論”を身につけていきます。

身近な家族も多様性の集合体。多種多様な異文化を理解する工夫をしています

キーワードは多様性(diversity)。“日本語・日本文化の専門知識”、“英語・日本語の言語運用技術”、“多文化共生メソッド”がカリキュラムの3本柱となる専攻です。クラスの約25%がアジアやEUなどからの留学生で、彼らとともに日々“多様な価値観”を学ぶことができます。

専攻紹介ブース・相談ブース
時間:10:00~15:00
場所:校舎「あすなろ」4階 2404教室

公開日: 2018年06月22日

7月21日のオープンキャンパスでお待ちしています!

キーワードは〝多様性diversity〟!

日本にも、異文化にも、英語にも 興味がある‼ 欲張りな人ほど学ぶ価値あるのがJIC。

留学生と日本人学生のコラボレーションを基本とし、日常的に多文化共生空間が形成されている専攻です。

留学生とともに “日本そのもの” と “多様性の中にある異なる価値観” を学びます。

クラスの 約25% が留学生。気づきと刺激を与えてくれる仲間と学ぶ。

学びは留学生と一緒に。中国、韓国、タイ、マレーシア、ベトナムなどアジア圏を中心に、EU圏などからも留学して来ている彼らは、日本や日本人から何かを得たい! と望み、同時に日本人学生は、文化も慣習も異なる彼らから、気づきと刺激を受けています。普段の授業も友人関係も“異文化交流”。「美しいとキレイはどう違うの?」など考えてもみなかった“日本”を尋ねられ、戸惑いながらも答えを探す姿は、JIC の学生ならではです。

オープンキャンパス当日は、自分たちの体験に基づくリアルなJIC専攻の魅力を、学生スタッフが皆さんに自信をもって伝えます! ぜひ一度、JIC-Roomにお越しください!

【両学部共通】「スペシャル講義」&「学び体験」(授業体験)について

今回、「スペシャル講義」&4人の先生の「学び体験」(授業体験)のプログラムをご用意しています!
この機会に是非、ご参加下さい!

外国語学科 日本語・国際コミュニケーション専攻ページトップへ戻る

スタディサプリ
夢ナビ
麗澤が贈るリアルストーリー
毎日が国際交流 REITAKU PROFESSORS 君の個性を伸ばすプロがいます。
資料請求はこちらから
学部情報 入試案内 資料請求 お問合せ