麗澤ジャーナル HOME  / 国際学部  / 国際学科 日本学・国際コミュニケーション専攻

国際学科 日本学・国際コミュニケーション専攻

国際学部 国際学科 日本学・国際コミュニケーション専攻(JIC)とは

国際
学部

International Studies

国際学科 日本学・国際コミュニケーション専攻
学習概要・取得できる資格
国際学部 国際学科 日本学・国際コミュニケーション専攻(JIC)とは
国際学部 国際学科
日本学・国際コミュニケーション専攻(JIC)
クラスの3分の1を占めるアジアやEUなどからの留学生とともに、日本文化や日本語を見つめなおし、日本語と英語の両方で意思を伝える技術を学びながら、世界における多様な価値観の存在を知って、“多文化共生の方法論”を身につける。

目標とするイメージ:

日本語教育人材(日本語教員、地方公共団体の日本語コーディネーターなど)・マスコミ・広告・ホテル・旅行会社 など

READ MORE

日本語と英語で意思を伝える技術を学び、世界の多様な価値観を知り、“多文化共生の方法論”を身につけていきます。

【学ぶ内容】

身近な家族も多様性の集合体。多種多様な異文化を理解する工夫をしています
キーワードは多様性(diversity)。“日本語・日本文化の専門知識”、“英語・日本語の言語運用技術”、“多文化共生メソッド”がカリキュラムの3本柱となる専攻です。クラスの約25%がアジアやEUなどからの留学生で、彼らとともに日々“多様な価値観”を学ぶことができます。

【目指せる仕事】

国家公務員、地方公務員、日本語教師、客室乗務員(キャビンアテンダント)、空港業務スタッフ(グランドスタッフ)、放送記者、校正者、編集者、中学校教諭、高校教諭

学部・学科から探す

毎日が国際交流
資料請求はこちらから
学部情報 入試案内 資料請求 お問合せ