麗澤ジャーナル HOME  / 国際学部  / 国際学科 日本学・国際コミュニケーション専攻

国際学科 日本学・国際コミュニケーション専攻

【前編】複雑化する国際社会で活躍するグローバルリーダーを育てること<br>それが私たち麗澤大学の役割

国際
学部

International Studies

国際学科 日本学・国際コミュニケーション専攻
先生からのメッセージ
【前編】複雑化する国際社会で活躍するグローバルリーダーを育てること
それが私たち麗澤大学の役割
2020年4月新設 国際学部
国際学部

2020年4月より「国際学部」が新設。2学科3専攻。

国際学科(日本学・国際コミュニケーション専攻、国際交流・国際協力専攻)

グローバルビジネス学科(グローバルビジネス専攻)

徳永 澄憲(とくなが すみのり)

麗澤大学 学長(2019年4月より就任)

愛媛県出身。東京教育大学農学部農村経済学科卒業後、筑波大学大学院で修士号、ペンシルベニア大学大学院にて博士号取得。専門分野はマクロ経済理論・経済政策、応用計量経済学、地域経済学、国際地域開発経済学。主な研究テーマは、気候変動の農業への影響と対策の評価分析、大震災からの復興と地域再生の計量モデル分析、東アジア(中国・ASEAN等)における海外直接投資・貿易の空間経済学的分析。

筑波大学名誉教授、日本地域学会副会長、ペンシルベニア大学・レディング大学等の客員研究員併任。 名古屋市立大学経済学部教授、筑波大学教授・生物資源学類長・生物資源科学専攻長を歴任。1996年5月から1997年11月にかけて、インドネシア国家経済開発庁(BAPPENAS)経済顧問(JICA長期専門家)を務めた。1999年に日本地域学会論文賞、2009年・2015年に同学会著作賞を受賞。

 

野林 靖彦(のばやし やすひこ)

麗澤大学 学長補佐(国際学部設置準備担当)(2019年4月より就任)

東京都出身。東北大学文学部日本語学科言語学専攻を卒業後、同大学院で修士号・博士号を取得。同大学文学部助手を経て、麗澤大学に赴任。専門分野は日本語学(文法論、意味論)。主な研究テーマは、日本語様相論(現代日本語のモダリティ研究)、広義の解釈学。日本語・国際コミュニケーション専攻コーディネーター、外国語学部教務主任を担当。所属学会・研究会は、日本語学会および表現学会、日本文芸研究会(査読員)、意味論研究会(事務局)等。

 

山内 太地(やまうち たいじ)氏 

一般社団法人 大学イノベーション研究所 所長

東洋大学社会学部社会学科卒業。理想の大学教育を求め、47都道府県14か国及び3地域の884大学1174キャンパスを見学。日本国内の4年制大学約800校(2018年度現在)はすべて訪問。著書に『真実の大学案内』、『時間と学費を無駄にしない大学選びシリーズ』、『こんな大学で学びたい! 日本全国773大学探訪記』、『大学生図鑑2012』、『就活下剋上』など。Twitter:@yamauchitaiji

READ MORE

日本語と英語で意思を伝える技術を学び、世界の多様な価値観を知り、“多文化共生の方法論”を身につけていきます。

【学ぶ内容】

身近な家族も多様性の集合体。多種多様な異文化を理解する工夫をしています
キーワードは多様性(diversity)。“日本語・日本文化の専門知識”、“英語・日本語の言語運用技術”、“多文化共生メソッド”がカリキュラムの3本柱となる専攻です。クラスの約25%がアジアやEUなどからの留学生で、彼らとともに日々“多様な価値観”を学ぶことができます。

【目指せる仕事】

国家公務員、地方公務員、日本語教師、客室乗務員(キャビンアテンダント)、空港業務スタッフ(グランドスタッフ)、放送記者、校正者、編集者、中学校教諭、高校教諭

学部・学科から探す

毎日が国際交流
資料請求はこちらから
学部情報 入試案内 資料請求 お問合せ