麗澤ジャーナル HOME / 学部 / 外国語学科 中国語専攻  / 「使える中国語」を学び、アジアで活躍する人材へ。

外国語学科 中国語専攻

「使える中国語」を学び、アジアで活躍する人材へ。

外国語
学部

Foreign studies

外国語学科 中国語専攻
「使える中国語」を学び、アジアで活躍する人材へ。
外国語学科 中国語専攻

公開日: 2015年09月09日

現在中国の人口は約13億人。世界の約4人に1人が中国語を母国語とする現在において、中国語を話せることは、ビジネスや教育の面で大きな意味を持ちます。

この専攻では、「使える中国語」を身につけることを目指します。まず入学後2年間で、中国語で書いてある資料を自分で集め、実際の中国におけるフィールドワークが可能な語学力を身につけるカリキュラムを用意しています。中国語を学ぶ上で一番難しいのは、正しい発音をすることです。麗澤大学では発音指導に力を入れていることもあり、学外で行われる中国語の各種スピーチコンテストでは毎年、麗澤生が上位を占めています。また、留学制度も充実しており、約8割の生徒が中国の大学に留学しており、半年から1年間、中国の伝統や習慣を学び、本場の中国語に触れています。

麗澤の中国語専攻の特徴は、中国を「トータル」で学べる点です。中国語という言語はもちろんのこと、民族文化や歴史、経済、法務など、各分野を専門に教える先生がいるため、幅広く中国の社会と文化を理解することができます。こうして中国に対する理解をより深めることでで、質の高いコミュニケーションが可能になり、国際交流につながります。

3年生からは、1~2年生で得た中国社会や経済についての知識を、中国市場をターゲットとしたビジネスシーンに応用する授業を行います。日本企業の上海支社で駐在する先輩もおり、将来役に立つスキルを身につけることができます。

将来の働き先、職場で日本人以外のアジア人と一緒に仕事をすることが何ら特別なことではなくなる、そういった時代がこれから訪れようとしています。それは決して商社、貿易などの会社に限らず、どの業種業界の会社であっても、です。日本を含むアジアの舞台で、中国の役割は益々大きくなることが予想されます。麗澤大学で「使える中国語」を学び、アジアで活躍する人材を目指してみてはいかがですか。

外国語学科 中国語専攻ページトップへ戻る

ABOUT REITAKU 麗澤について
毎日が国際交流 REITAKU PROFESSORS 君の個性を伸ばすプロがいます。
資料請求はこちらから