麗澤ジャーナル HOME / 学部 / 外国語学科 中国語専攻  / 中国語を学び、異文化との科学反応を感じる!②

外国語学科 中国語専攻

中国語を学び、異文化との科学反応を感じる!②

外国語
学部

Foreign studies

外国語学科 中国語専攻
中国語を学び、異文化との科学反応を感じる!②
三潴 正道
外国語学科 特任教授
麗澤大学外国語学部中国語学科を卒業後、東京外国語大学にて修士を取得。専門は中国語学,日中異文化コミュニケーション、現代中国事情。

現在は「ミツマのドボン、ミツマのカルタ、ミツマのレベル」で知られる、中国語の論説体※1を教える教授です。この人気の授業は2年次に履修できますが、実は3年次、4年次になっても単位に関係なく履修する学生が多いので有名です。
※1 中国語特有の「口語」と「文語」が重なり合う部分

公開日: 2016年02月15日

中国語をはじめたきっかけは中国文学。

実は、小さい時になりたかったのが落語家。でも、そう簡単には食べていけない。親の反対のなか寿司職人を目指したこともありましたが、迷いがある中で出会ったのが麗澤大学でした。もともと、僕は三国志や史記や水滸伝など中国文学が好きだったので、ならば中国語を勉強してやろうと思ったのがきっかけです。でも、まさか、中国語を教える立場になるとはそのときには思いませんでした。入学時にはよく、なぜ英語じゃなくて中国語?と言われましたが、ちょうど卒業時に日中の国交が回復。「先見の明があるな」と友人にいわれたものです。

中国語と日本語の一番の違いは接続詞の有無

中国語の文章は通常、漢字20-100文字ほどで構成されており、その中でもだいたい40文字から80文字ぐらいの文章が多いのですが、日本語とは文章の進み方が違います。
たとえば日本語ですと、

「私はおなかが減った“けれども”お金がない

“ところが”あんたは金持ちだ

‟だから”、‟もし”貴方が私と一緒に食事にいって

おごってくれたなら私は幸せだ」

という。でもこれは中国人からすると、なんだか体があちらこちら痒くなるような表現に感じてしまう。

中国語の場合は接続詞が入りません。日本の「が・は・を」の助詞をとったうえに、接続詞を入れないのが普通だから

「ワタシ ハラヘッタ アンタ カネアル

イッショ タベ イク

アンタ オゴル ワタシ シアワセ」

接続詞がないので、文章の内容は流れから判断し、原因結果をも読み解いていかなくてはいけない。また、中国語は字と字の間に英語と単語の単語にあるようにスペースがない、動詞の変化もない、動詞か形容詞を判断する必要もあるし、100文字以上の長い文章になれば、読み取りにコツがいる。これができるようになるには論説体の授業をうけることが必要。基礎的な中国語の日常会話の勉強だけでは足りないのです。

 

その③へ続く

外国語学科 中国語専攻ページトップへ戻る

ABOUT REITAKU 麗澤について
毎日が国際交流 REITAKU PROFESSORS 君の個性を伸ばすプロがいます。
資料請求はこちらから