麗澤ジャーナル HOME / 学部 / 外国語学科 英語コミュニケーション専攻  / 麗澤大学で身につけたこと、それは「英語教育」~未来の子どもたちにつなぐ~

外国語学科 英語コミュニケーション専攻

麗澤大学で身につけたこと、それは「英語教育」~未来の子どもたちにつなぐ~

外国語
学部

Foreign studies

外国語学科 英語コミュニケーション専攻
麗澤大学で身につけたこと、それは「英語教育」~未来の子どもたちにつなぐ~
川本 将多
外国語学部 英語学科(現在の外国語学科) 卒業
千葉県我孫子市立布佐中学校 英語教員

公開日: 2015年11月16日

距離感が近いなかで学んだことがコミュニケーションの訓練になった

教授との距離が近く、学生同士は同じ志を持った仲間という雰囲気がありました。その距離感が、社会でコミュニケーションのとり方に役立っています。また、ゼミや「教育実践」など、協力して何か一つのことを作り上げる授業が多く、その経験が英語教員としての仕事に活かされています。

グローバル社会で大切なことを教えたい

海外の日本人学校に在学した自分が帰国子女として経験したことを活かし、海外で体験してほしいこと、勉強してほしいことを伝えたいと思っています。グローバル社会における「一人の日本人として」という考え方の大切さも教えたいですね。

外国語学科 英語コミュニケーション専攻ページトップへ戻る

ABOUT REITAKU 麗澤について
毎日が国際交流 REITAKU PROFESSORS 君の個性を伸ばすプロがいます。
資料請求はこちらから