麗澤ジャーナル HOME / 学部 / 経営学科 経営専攻  / 母校での出逢いが一生のパートナーを決めた

経営学科 経営専攻

母校での出逢いが一生のパートナーを決めた

経済
学部

Economics

経営学科 経営専攻
母校での出逢いが一生のパートナーを決めた
中澤 祐介、加奈恵
国際経済学部 国際経営学科(現在の経済学部 経営学科)
中澤 祐介

現在、柏市消防局勤務。市民の安全を守るため、昼夜を問わず活動する。料理が得意で育児にも積極的に参加し家庭も仕事も大切にするのがモットー。

中澤 加奈恵

取手市役所勤務。麗澤大学で身につけた語学力を生かし、グローバル化する窓口業務でも活躍中。一児の母として、また妻として幸せな家庭を守る良妻賢母。

公開日: 2016年04月05日

麗澤大学の卒業生である中澤祐介さんと加奈恵さんは、経営学を専攻していた先輩と後輩。在学中にサッカーサークルがきっかけとなりお付き合いが始まり、卒業後に結婚。現在は2歳の息子さんと共に幸せな生活を送っているそうです。

お二人が知り合う場所になった麗澤大学。麗澤大学を選んだ理由と魅力とは!?

加奈恵さん 高校生の頃から語学に興味があり、グローバルな人材教育を行っている麗澤大学はとても魅力的でした。自宅から近く、通える距離にあったのも大きなポイント。経済学部を専攻したのは、経済を学べて、さらに外国語学部でなくても留学することができる環境があったから。私はオーストラリアに1年留学したのですが、多くの人と出会い、コミュニケーションがとれたことは今でも大きな自信になっています。在学中、公務員を目指して勉強している時も、先生から何度もアドバイスをいただき、とても心強かったことを覚えています。現在は市役所で働いていますが、語学はもちろん経済の知識も役に立っていますので、両方学べてよかったと思っています。

祐介さん 麗澤大学は少人数制と言うこともあり、教授たちとの距離感の近さは他の大学では得られない大きなメリットだと思います。それだけに講義に集中しなくてはならいので、手を抜けませんが(笑)。また、自然に恵まれた環境も素晴らしい。緑に囲まれた広大なキャンパスは麗澤大学ならではの魅力です。

公務員として地元で活躍するお二人ですが、なぜ公務員を目指したのでしょうか?

加奈恵さん 私は大学時代から公務員を目指していました。麗澤大学でグローバルな世界を勉強すること、また留学の経験を通し「日本の素晴らしさ」「幸せな国であること」を再確認しました。異なる文化、風習、習慣を持つ多彩な国を知ることは、視野を広げるだけでなく、自分の生まれた国を客観的に見ることができ、自分の生まれた場所で力を発揮したいと考えるようになりました。今は取手市役所に勤務しているのですが、近年益々、外国の方が増えてきていますので、窓口での対応にも身につけた語学力は大きな武器になっています。

祐介さん 「地元に貢献したい」「地元を守りたい」と感じたのは妻と同じ理由です。世界を知ることで、自分がどれだけ幸せな国に生まれたのかを認識することができました。現在は柏市の消防局に勤務しているのですが、学生時代に身に付けたディベート力は仕事にも役立っています。経済学部での授業はディベートやプレゼンテーションが多く、当時は憂鬱になることも多々ありましたが(笑)今となっては頑張っていてよかったです。消防の仕事は火を消すことだけではありません。一般の方に防火指導を行うことも多く“伝える力”は大きな武器。また、国際化が進む千葉県では英語が使えることは重要なポイントです。救助活動の時に、的確な指示を伝えることがとても大切です。言い換えれば、語学力と伝える力があれば多くの人の命を救うことができるということですから。

大学受験を迎える高校生に、お二人からアドバイスをお願いできますか?

祐介さん 大学選びは『何大学に入るか』ではなく『そこで何を学びたいのか』が大切だと思います。目的を持って大学を選ぶことは、将来の自分にとって絶対にプラスになる。国際化が進む日本では、インターナショナルな大学、世界を身近に感じられる大学での4年間はとても貴重だと思います。そんな大学の候補として皆さんに麗澤大学を薦めたいですね。

加奈恵さん 自分の視野を広げることができる大学を選んでほしいです。そして4年間通う学校ですから、自分が落ち着くような、行くだけでリラックスできる環境を備えていることも重要だと思います。私は麗澤大学に行くこと自体が好きでした。今も必ず文化祭には家族でお邪魔していますよ。豊かな自然に恵まれ、静かな落ち着く環境の麗澤大学は、その全てが揃っていると思います。もし、息子が大きくなって受験を考えるようになったら、迷わず麗澤大学を薦めますね!!

麗澤大学で出逢い、公務員という職業に就き、あたたかい家族に囲まれた理想的ともいえる生活をおくる中澤夫妻。今後も地域の人たちのために活躍するお二人を、麗澤大学も応援し続けます。

経営学科 経営専攻ページトップへ戻る

ABOUT REITAKU 麗澤について
毎日が国際交流 REITAKU PROFESSORS 君の個性を伸ばすプロがいます。
資料請求はこちらから